新車購入する時、車リースとローン購入はどっちがお得?

車リースはお得?
『車リースは、損なのか、得なのか、ローンで購入するほうがいいのか?』

 

どっちがお得

 

今、個人向けの車リースが人気ですが、ほんとうに車リースは得なのでしょうか?

 

損はしないのでしょうか?

 

ローンで車を購入する場合と比べてどう違うのか?

 

ここでは、車リースは損なのか、得かどうか本当の答えをまとめています。

 

 

車リースとは?

車がお得と言われる理由として、
車リースは、最初に残価設定してリース料金を決めます。
その残価設定分がローンより支払額で少なく済みます。
つまり、カーリースは、残価設定ローンを組むのと同じと考えるといいでしょう。

 

 

具体的に説明します。
車両価格200万円の車をローンで購入する場合、
車両代200万円に諸経費や金利を加えた金額を分割で支払ます。

 

これに対して、リースは期間終了後の残価設定額を引いてリース料金を決めます。
その分、ローンよりも支払額が少なくなります。

 

ですが、実際にリースで見積を出して、ローンとリースで支払額を比べてみるとあまり差がないことがあります。
その理由は、車にかかる税金や諸費用分もリース料金には含まれている。
それとリース終了後の残価設定の低い車で見積をするとそのようなことがあります。

 

車リースは、
200万円の車両価格から残価設定額(仮に50万円として)を引いて、
税金と諸経費と金利を加味してリース料金が決まっています。

 

車リース最大のメリットは、
頭金なし、
月額定額払い

という2点です。
支払いが一定なので、家計の収支計画が非常に立てやすくなります。
こういったことから、車リースが人気になりました。

 

リースとローンの比較

 

 

ローンで車を購入した場合、
車両価格200万円と諸経費と金利で分割払いします。
これに加算される形で、毎年の自動車税とメンテナンス費用など別途発生します。
またボーナス月に支払額の加算をするのが一般的です。
安定したボーナスがないと月の支払額は高く設定することになりますね。

 

ローン終了後、車を所有することはできますが、その分(残価分)リースよりも多く支払いをすることになります。
車は当然自分のものとして、続けて乗ることができますが、車検代や税金は毎年かかりますし、当然残価は毎年落ち、最後は0に近くなります。

 

おすすめ車リース

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

ご存知でしょうか?
車を買い替える場合、
下取り車は、新車購入では値引きの調整に使われています。
あなたの車を買い替える場合は、買取査定額を新車商談前に知っておくと損しないで済みます。

 

自分の車の買取相場を知らずに商談すると損することがあります。

 

車の査定相場は簡単にわかります。

 

まず、買取一括査定で車の情報を入力します。

 

するとだいたいの目安の買取額がわかります。

目安

こんな感じです。

 

そのあと買取店から3社の見積をしてもらいました。

 

いっせいのせ!で同時に見積額を提示してもらいます。

査定額

こんな感じです。

 

そして一番高い値段をつけたところに売ることができます。
もちろん、断ることも可能です。

 

 

実際に利用した一括買取査定は下記になります。
かんたんですので試してみるといいですよ。
車買取一括査定はこちら

 

わたしが実際に車を買取した話はこちらの記事をごらんください。
車の買取査定価格で下取りよりも50万円の高く売れた!

 

車リースについて

 

 

最終的には自分の物にすることもできる
車をリースした場合、そのクルマを最終的に自分のものとして買い取ることも可能です。
カーリース契約の場合も、リース契約後残価を支払えば車を買いとることも可能です。
また最近では、リース期間終了後車がもらえる契約プランもあります。

 

車リースは賃貸住宅
車リースを住宅で考えるともっとわかりやすくなります。

 

車はリースは、賃貸住宅に住むことと同じです。

 

賃貸住宅
車をローンで購入することは、住宅ローンを組むことと同じです。

 

住宅ローンを組んで、家を購入すれと毎年固定資産税を払うことになります。

 

同じように、自動車を購入すれば毎年自動車税を払うことになります。

 

また給湯器が壊れたり、備え付けのエアコンが壊れた場合も、
賃貸住宅の場合は、大家さんが修理してくれますね。

 

車リースも、同じです。
エンジンの調子が悪かったり、エアコンの不具合があってもリースの場合費用がかかりません。
メンテナンス費用込のプランではあれば、お金の心配も不要です。

 

 

車をリースする契約とローンの契約は、車の所有者はどちらもファイナンス会社
ローンの場合ローン会社、
リースの場合はリース会社所有になります。

 

車を所有することにこだわる意味は、
ローンとリースの場合は関係ないことになりますね。

 

 

車リースは、レンタカーと違って「わ」ナンバーではありません。
マイカーリースは、レンタカーと同じで「わ」ナンバーになる
と思っているかたもいらっしゃいますが、
心配無用です。

 

カーリースは、希望ナンバーやご当地ナンバーの絵柄をつけることもできます。
軽自動車なら、オリンピックナンバーで白ナンバーをつけることもできます。

ナンバー

 

 

 

車リースが人気の理由はもうひとつあります

それは、ライフスタイルの変化が要因です。
私たちの若い頃は、車を持つことがサラリーマンや若者の夢でした。

新型クラウン

 

「いつかはクラウン」という言葉があるように、車を買い替えるごとにいい車に乗り換えたいという願望を持つ人が多くいました。

 

車はひとつのステイタスシンボルでした。

ソアラ人気

プレリュードやソアラが人気だった時代もありました。

 

そして、ラブフォーやハイラックスサーフが人気の時代もありました。

 

ですが、今はちがいますね。

 

合理的に車に乗る時代になりました。

 

車はステイタスシンボルではなくなったのです。

 

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれたら車はやっぱり

ミニバンがいいね。

 

ミニバン

 

 

子供が大きくなって、

あまり一緒に出掛けなくなったら、

乗り心地がいいセダンがいいね。

セダン

 

年をとり、子供が独立して

近所の買い物くらいしか車を使わなくなると

コンパクトカーがいいね。

 

アクア

 

生活スタイルで車を買い替えをするようになりました。

 

そのスタイルとカーリースのニーズがズバリ一致したことも人気になった要因です!

燃費重視

使う人にちょうどいい

 

 

車を買い替えるパターン

3人家族

赤ちゃんができたら、小型のミニバンに乗り換えます。
ミニバンは、トヨタのシエンタやスズキのソリオが人気ですね。

 

4人家族

やがて、子供が2人になり、少し大きめのミニバンに乗換します。
少し大き目でトヨタのヴォクシーやニッサンのセレナがおすすめですね。

 

 

そして数年後、子供も大きくなり一緒に出掛けることも少なくなったので乗りやすいセダンに乗り換えることにします。
セダンなら、トヨタのプリウスやマツダのアクセラも人気があります。

 

老夫婦

さらに子供が大きくなり、独立して近所の買い物くらいしか車で出かけなくなったので燃費のいいコンパクトカーに乗り換えます。
コンパクトなトヨタのアクアは高い人気がありますね。
そして、ニッサンのノートやホンダフィットなど好きな車種を選びたいですね。

 

ライフサイクルに合わせて車を買い替えることができます。

 

そして、子供がいると習い事や塾など、何かと費用がかかります。

 

ライフサイクルイベントお金もかかることもたくさんあります。

 

冠婚葬祭だと急な出費がかかることもあります。

 

毎月の支払いが一定で、諸費用の必要のないカーリースは都合のいい車の買い方と言えます。

 

そしてニーズに合わせて車を乗り換えることができます。

 

 

車リースとは、総支払額を少なくするプランです。

 

そんなマイカーリースもいろいろなサービス会社があります。
こちらでマイカーリース会社について詳しく説明していますのでよかったらご覧ください
おすすめマイカーリース会社一覧

 

おすすめ車リースのコスモスマートビーグル公式サイトはこちら

 

車リースのメリットデメリット

メリットデメリット

車をリースにすることのメリットやデメリットについてまとめてみました。

 

メリット

  • 月額の支払いが一定
  • 頭金不要で、ワンランク上の新車に乗れる
  • 個人事業主の方は節税にもなり税金対策にピッタリ
  • 整備もお任せできる
  • 維持費のコストが安い
  • 車検の費用も無し

 

デメリット

  • 改造などのカスタマイズができない
  • 走行距離に制限がある
  • 期限で返却する
  • 原則途中解約できない

 

 

などが主なカーリースのメリットとデメリットです。
メリットは、月のコストを抑えてお得に車に乗ることができる。
デメリットは、自分のものにならないことや途中解約ができなことです。
最大のデメリットは、実は不人気車種を希望している方にはデメリットがあります。
リース店は、車をまとめて購入していることで値引きメリットを出しています。
ですが、不人気車種はあなたしか注文する人がいません。
そうするとスケールメリットを生かすことができなくなります。
また途中解約するときに、違約金が高くつくことになります。
下取り価格が安くなり、総リース代よりも下取り額が低く違約金が高くなってしまうのです。

 

カーリース見積

 

車リースのシュミレーションは簡単にできます。
ディーラーで見積するよりもむしろ簡単なくらいです。
月額でいくらかかるのか、
メンテナンス費用の有無やオプションなどを選択するだけです。
月額いくらで希望の新車に乗ることができるのがわかります。

 

また、中古車のリースもあります。
この場合は、まず中古車を探すことから始めるので
車リースの会社に確認する必要があります。
中古車のリースは、欲しい車探しから始めるので
車が見つかるまでリース契約はできません。
中古車の場合は、時間的に余裕を持つとこも必要です。

 

 

 

カーリースに向いてる人

車をリースに向いている人

  • まとまったお金がないけど新車が欲しい人
  • 月の支払は少なくしたい人
  • メンテナンス費用など急な出費を支払うのが大変な人
  • 車が必要だけど、車が好きでこだわるわけではない人
  • たくさん乗らない人

 

 

カーリースに向かない人

車リースに向いていない人

  • 車が好きで改造したい人
  • 金利を払うのが損だと考える人
  • 現金一括払いで買える人
  • メンテナンスが自分でできる人
  • 毎月2000キロ以上たくさん車に乗る人

 

 

車リース(マイカーリース)のトリセツ

ここからはもっと詳細に車リースについて知りたい方にもっとわかりやすくまとめてみました。
あなたの知りたい項目について確認してください。

 

 

 

車の買い替え時期とリース契約

買い替え
そもそも車ってどれくらいで買い替え検討しますか?

 

5年くらいで新車に買い替えたい人はマイカーリースがおすすめかもしれません
新車に乗り換えるとき、また新しくローン組んで新車に買い替えする人は、
結局ずーとローンが終わらないことになります。

 

新車を買い替えする度に新しくローンを組むのですから、ローンの支払利息分余計な支払を続けていることになります。
車の買い替えが7年から9年くらいのサイクルの場合だと一番微妙ですね
2年から4年はローンのない年があります。

 

でもその分、メンテナンスにお金がかかることが増えてきます。
バッテリーやタイヤ交換、急にスライドドアが開かなくなるなんてこともあります(スライドドアの故障は9万くらいかかります)、どこかが故障して修理費用なんかもかかりますよね
ですが、リースの費用よりも年間では少ないので9年くらい乗ることを考えている人はローンで購入するのがおすすめだと思います。

 

維持費のかからない5年くらいで車を買い替える場合は、車リースを契約はお得かもしれません。

 

車リースと言えば以前は会社契約がほとんどでした

法人リース
ですが、最近は個人契約も増え14万台以上の契約があるそうです
また最近の契約はメンテナンス費用もすべて含まれているプランもあり、
車検費用だけでなく、整備点検、オイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換など、
メンテナンスにかかる費用が全て込みになっているプランもあります。

 

今人気のコスモ石油が運営しているコスモススマートビーグルがメンテナンス費用込のプランを展開している
このコスモススマートビーグルでは、近くのコスモ石油のスタンドでガソリンが1リットル当たり最大5円引きという特典もあります。

 

このような利便性の多いサービスを展開しているコスモススマートビーグルは女性や高齢者を中心に利用者が増えていますね
このコスモススマートビーグルの最大の良さは、近くのコスモ石油で全部メンテナンスしてくれて、ガソリン代も割引になることです
毎月の支払い費用も安定していて毎年の自動車税や車検費用も考えなくても済みます
なにもかもおまかせでいいんです。

 

車にかかるわずらわしさがないのが、コスモススマートビーグルの最大のメリットですね
それでいて5年ごとに新車の乗れるんですから気分がいいのもです。

 

日経新聞にもマイカーリースがお得と書かれていました。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO77922300T01C14A0W06001/

 

 

 

保険も車の経費のひとつ。
あなたは事故を起こしたことがありますか?
万が一のために、自動車保険には加入しますがその費用は人それぞれずいぶん違うものです。
会社でいくら払っているかお互いに確認しあったことがありますが10倍近く違いました。

 

今の車はすごく性能も良くなっていて、事故も起こしにくくなっています。

 

一度見直ししてみるといいですね。
自動車保険見直しはこちら

 

 

 

 

体験談

ココでは、体験をもとに車リースについて詳しくご説明いたします

 

子供が生まれたので、今の車は狭くておむつ替えやベビーカーを乗せるのに、毎回たたまないと乗せることができませんでした。

 

『でも新車購入にはまとまったお金が必要です。』

 

子供が生まれ、いろいろなものを購入したので我が家にはまとまったお金はありませんでした。

 

ですが、乗り降り便利なオートスライドドアのミニバンが欲しいなと漠然と考えていました。

 

そんなときに見たテレビのCM。
コスモスマートビーグル
それがコスモスマートビーグルでした。

 

スタンドでも、カーリース始めたんだって思いました。

 

最初は車リースを利用する考えはありませんでした。

 

実は、私は過去にマイカーリースで失敗した経験があるんです。

 

夫婦二人ので生活で賃貸マンションに住んでいたのですが、近所の日産で新型フェアレディZを見て欲しくなりました。
そのときはまだ子供もいなく、二人の生活でしたのでドライブに行くのにかっこいいよね。って思い買うことを決めてしましました。
そのとき、月額の支払いが楽なリースプランを提案され、そのまま契約しました

 

ですが、それから1年過ぎた頃、縁があってマンションを購入することになりました
ですが、住宅ローンを組むのに自動車リース契約があるとローン審査が通らないということで車のリース契約を解約することにしました
そのとき、違約金を払うことになり手痛い出費となりました
まだ1年だったので残債も多い割に査定額は条件が悪く違約金は180万円でした。
リースは1年くらいの解約が一番損になります。

 

でもマンションは気に入っていたのでマンションを購入し、車は違約金を払って解約しました。
車はその後、レガシーを中古で購入しました。

 

5年後。待望の赤ちゃんができました。
赤ちゃん
そして、オートスライドドアのミニバンが欲しくなったんです。

 

赤ちゃんを抱いて車の乗り降りは、けっこう大変でした。
特に狭い駐車場は不便で仕方ありません。

 

だから、スライドドアは必需だったのです。

 

ですが、このとき、手持ちの現金はあまりありませんでした。

 

ディーラーに行ってミニバンの見積をもらいましたが、頭金なしでもローンは組めますが月の負担額が大きくなってしまいます。

 

毎年5月の税金も厳しいし、ボーナス払いは組みたくなかったのです。
これから子供の幼稚園などの費用や習い事もかかりますので
ボーナスには手をつけたくなかったのです。

 

ミニバン見に行く
ミニバン欲しいけど、費用の面で厳しいかなって思ったとき、
スマートビーグルのCMを思い出して、スマホで調べてみたんです。
そしたら頭金なしで、月額も払える金額。
その上、諸費用や税金もいらないということだったので
見積して、申し込みをすることにしました。
リース申込

 

 

 

車リースを利用することで新車のヴォクシーに買い替えることができました
スマホで簡単
スマホで完結して、すごく簡単でした。

 

このとき乗っていたレガシーは、当然ですが一括査定で売却しました。
ディーラーで下取りの見積をもらったら約50万でした。
車を購入していただけるならもう少しのせることができるとは言われていました。

 

ですが、一括査定での相見積は102万円になりました。
その差は約50万円。

 

一括査定は、ホントお得だと思いました。

52万も得した無料査定はコチラ

 

わかりにくい方のために、
もう少し違う角度で説明します。
ローンで車を買う場合は、お金をディラーの金融機関から借りて車を購入することになります
一方、リースは車をリース会社から借りて車を利用することになります

 

『ローン=借金をする、リースは車を借りる』ということになりますね

 

どうして人気なのか
人気の理由は、

  • 頭金が不要で月々の支払いが定額
  • 好きな新車を選ぶことができる
  • 車のメンテナンス費用や諸経費がコミコミ
  • ネットで楽々手続きできる
  • などが人気の理由なんです
  • 『一番の理由は毎月の支払いが一定で楽♪ってことです

図にしてみるとこんな感じです
リースの説明

 

特に女性やシニアの方に人気です
同じ予算でワンランク上のグレードに乗れメンテナンスや税金など面倒なことも全てコミコミ料金だからです
また個人事業主の方は税金対策にもなりますので、個人事業主の方は特にメリットが大きいですね

 

ナンバーもレンタカーのように「わ」ナンバーではありません。
希望のナンバーで普通のナンバーをつけられます。
今人気の絵柄ナンバーも付けることができます。
今ならオリンピックナンバーもおすすめですね。

 

 

マイカーリースサービス会社についてはこちら

 

 

カーリースは平成17年3月時点で、全国で288万台登録があります。
詳細に関しては国土交通省のページで確認できます。
国土交通省ホームページ
カーリースは多くの需要があり、利用されている人も多いことがわかります。
カーリース登録台数
このように年々カーリースの登録は増え続けています。

 

 

また、一般社団法人 日本自動車リース協会連合会ではカーリースに関する情報がわかりますので詳しく調べたい方は参考にしてください。
日本自動車リース協会連合会

 

 

 

トップへ戻る