新車購入する時、車リースとローン購入はどっちがお得?

車リースはお得?
『車リースは、損なのか、得なのか、ローンで購入するほうがいいのか?』

 

どっちがお得

 

今、車リースが人気でCMでもよく見ますが、本当にお得なのでしょうか…?
車リースにするとホントに月額料金以外に費用がかからないのでしょうか…?

 

現在こういったことで悩んではいませんか?

 

車には様々なコストがかかります。毎年の自動車税、車検費用、保険料など、無理にローンで購入してしまうと車検の時に想定外の費用がかかり困ることも…。

 

当サイト「車リースのお得」の編集部である私も今まで10台以上車を買い替えましたが、やはり上記のことをずっと考えていたうちの一人です。だって家族が増えると教育費やらと、車に掛かる費用はなるべく抑えていくしかなくなります。

 

そこで当サイトは、車リースと家計について深く考え、多くの人が利用している人気のカーリース会社をピックアップして徹底的に調査してきました!

 

どのカーリース会社のサービスがいいのか?どのカーリース会社なら選んでおいて間違いはないのか?その辺りを分かりやすくするために、各リース会社に車リースのお得目線でランク付けをして公開しています。

 

車リースは今ではディーラーも取り扱っています。またアフターサービスなどを考えると住んでいる地域で差がありますので、どこでも同じようなサービスが受けられるか差がありますので、調査に時間がかかってしまいましたが、結果的にはとても満足のいくものができました!ぜひ最後までご覧いただき、納得できる会社を見つけられ、本当におすすめできるカーリース会社選びの参考になったら幸いです。

 

 

 

 

 

車リースはホントにお得なんでしょうか。

車リースがお得と言われる理由は、最初に残価設定してリース料金が決まることにワケがあります。

 

残価設定分がローンで購入するより支払額で少なく済みます。

 

つまり、車リースは、残価設定ローンを組むのと同じと考えるといいでしょう。

 

 

具体的に説明してみましょう。

 

車両価格200万円の車をローンで購入する場合は、車両価格200万円の他に諸経費や金利を加えた総額を分割で支払います。

 

これに対してリースの場合は、リース期間終了後の残価設定額を引いてリース料金を決めます。

 

この分がローンよりも支払額が少なくなる理由です。

 

しかし、実際に見積を出して、ローンとリースで支払額を比べてみるとあまり差がないことがあります。
その理由は、車にかかる税金や諸費用分もリース料金には含まれています。

 

それとリース終了後の残価設定の低い車で、リースの見積をするとそのようなことがあります。
つまり人気の車は残価設定がより高くなるので、より月額費用を安く抑えることができることになります。

 

車リースのメリットは、
頭金なし、
月額定額払い

という2点です。

 

支払いが一定なので、家計の収支計画が非常に楽になります。
子供がいる場合は、大変ありがたいことです。
こういったことから、特に主婦の間で車リースの人気が広まりました。

 

リースとローンの比較

 

 

ローンで車を購入すると、
車両価格200万円と諸経費と金利で分割払いすると説明しましたよね。

 

これにプラスして、毎年5月の自動車税とメンテナンス費用など別途発生します。

 

またボーナス月に支払額の増額をするのが一般的です。
安定したボーナスがないとボーナス月の支払で困ることがあります。

 

ローン終了後、車は自分のものにはなりますが、続けて乗ることで、車検代や税金だけでなくメンテナンス費用が掛かることになります。
そして、残価は毎年落ち、最後は0に近くなります。

 

おすすめ車リース

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

 

 

【これ知ってますか?】
下取りは新車の値引き調整で使われます。

 

自分の車。売るなら1円でも高く売りたいと思いますよね?

 

そこでオススメが「車一括査定」というサービス。

 

実際に、ディーラーで下取りする前に、買取額を確認しましょう。

 

下取りよりも50万高く売れたこともありました。

 

まだ、売るかどうか迷っている人にオススメ!ネットで概算の最高額が分かる

 

車の買い取り査定サービス

 

とにかく高く売りたい!優良業者がたくさん参加してます。

かんたん車査定ガイド

 

 

利用方法は簡単です。
まず、買取一括査定で車の情報を入力します。

 

するとすぐにだいたいの目安の買取額がわかります。

目安

だいたいの目安です。

 

その後、実車査定してもらうと具体的な買取価格ができます。

 

3社同時に実車査定をお願いしてみました。
そしたら、こんなに差がでたんです!
いっせいのせ!で同時に見積額を提示してもらいました。

査定額

これ!実際の査定額です。

 

一番高いのがB社さん。
一番安いのがG社さん。
その差が約15万でした。

 

一番高い値段をつけたところに売ることができます。
もちろん、断ることもできます。

 

かんたんですので試してみるといいですよ。
車買取一括査定こちら

 

 

 

 

 

 

最新の車リースの特徴

車リースについて

それでは、もう少し詳しく確認してみましょう。
最終的には自分の物にすることもできる
最近の車をリースは、そのクルマを最終的に自分のものとして買い取ることもできるようになりました。
すべてのリースプランではありませんが、
カーリース契約の場合も、契約終了後残価を支払えば車を買いとることも可能なプランがあります。
また、リース期間終了後車がもらえる契約プランも登場しました。

 

リースは賃貸住宅
車リースを住宅で考えるとわかりやすくなります。

 

リースは、賃貸住宅に住むことと同じと考えてください。

 

賃貸住宅
車をローンで購入することは、住宅ローンを組むことと同じです。

 

住宅ローンを組んで、家を購入すれと毎年固定資産税を払うことになります。

 

同じように、自動車を購入すれば毎年自動車税を払うことになります。

 

また給湯器が壊れたり、備え付けのエアコンが壊れた場合も、
賃貸住宅の場合は、大家さんが修理してくれますね。

 

マイカーリースも、同じです。
エンジンの調子が悪かったり、エアコンの不具合があってもリースの場合費用がかかりません。
メンテナンス費用込のプランではあれば、お金の心配も不要です。

 

 

リースの契約とローンの契約は、車の所有者はどちらもファイナンス会社
ローンの場合ローン会社、リースの場合はリース会社所有になります。

 

車を所有することにこだわる意味は、ローンとリースの場合は関係ないことになりますね。

 

 

レンタカーと違って「わ」ナンバーではありません。
マイカーリースは、レンタカーと同じで「わ」ナンバーになる
と思っているかたもいらっしゃいますが、心配無用です。

 

カーリースは、希望ナンバーやご当地ナンバーの絵柄をつけることもできます。
軽自動車なら、オリンピックナンバーで白ナンバーをつけることもできます。

ナンバー

 

リース会社の儲けとは
リースが得だとすると会社はどうやって儲けをだしているのでしょうか。
リース会社は、利息で収益を稼いでいます。
金融機関がお金を貸して利息で収益を得るのと同様に、
リース会社は、車を貸したことにより発生する利息を利益としています。

 

利益額としては、少ないかもしれませんがあなたがリースを続ける限り利息が発生し利益が続きます。
そしてたくさんの人が利用するようになれば、それだけ会社の利益も増えるということになります。

 

あなたは、まとまったお金がなくても車に乗ることができ、
資金が豊富にあるリース会社が車をまとめて購入し、みんなに貸し出すことで安く車を購入することができます。
一方ディーラーも車を大量に販売することができるので、
車リースは、あなたとリース会社とディーラー3者がWIN-WIN-WINになるシステムといえます。

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

 

 

 

人気の理由

リースが理由のわけはこんな社会的背景もあります。
それは、ライフスタイルの変化が要因です。
現在は、若者の車離れが言われています。

 

車に乗りたいという20代の人が減ったという時代背景があります。

 

私たちの若い頃は、車を持つことがサラリーマンや若者の夢でした。

新型クラウン

 

「いつかはクラウン」という言葉があるように、車を買い替えるごとにいい車に乗り換えたいという願望を持つ人が多くいました。

 

いい車を持つことがステイタスシンボルでした。

ソアラ人気

デートカーと呼ばれたプレリュードやソアラが人気だった時代もありました。
プレリュードに乗ってさえいればモテる時代がありました。

 

そして、ラブフォーやハイラックスサーフが人気の時代もありましね。
サーファーが人気でサーフィンをしなくてもサーフに乗っていればよかった。

 

ですが、今はちがいます。

 

合理的に車に乗る時代になりました。

 

車はステイタスシンボルではなくなったのです。

 

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれたら車はやっぱり

ミニバンがいいね。

 

ミニバン

 

 

子供が大きくなって、

あまり一緒に出掛けなくなったら、

乗り心地がいいセダンがいいね。

セダン

 

年をとり、子供が独立して

近所の買い物くらいしか車を使わなくなると

コンパクトカーがいいね。

 

アクア

 

生活スタイルで車を買い替えをするようになりました。

 

そのスタイルとカーリースのニーズがズバリ一致したことも人気になった要因です!

燃費重視

使う人にちょうどいい

 

それがマイカーリースといえます。

 

事実、こんなデータがあります。
カーリースは平成17年3月時点で、全国で288万台登録があります。
詳細に関しては国土交通省のページで確認できます。
国土交通省ホームページ
カーリースは多くの需要があり、利用されている人も多いことがわかります。
カーリース登録台数
このように年々カーリースの登録は増え続けています。

 

 

また、一般社団法人 日本自動車リース協会連合会ではカーリースに関する情報がわかりますので詳しく調べたい方は参考にしてください。
日本自動車リース協会連合会

 

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

車を買い替えるパターン

3人家族

赤ちゃんができたら、小型のミニバンに乗り換えます。
ミニバンは、トヨタのシエンタやスズキのソリオが人気ですね。

 

4人家族

やがて、子供が2人になり、少し大きめのミニバンに乗換します。
少し大き目でトヨタのヴォクシーやニッサンのセレナがおすすめですね。

 

 

そして数年後、子供も大きくなり一緒に出掛けることも少なくなったので乗りやすいセダンに乗り換えることにします。
セダンなら、トヨタのプリウスやマツダのアクセラも人気があります。

 

老夫婦

さらに子供が大きくなり、独立して近所の買い物くらいしか車で出かけなくなったので燃費のいいコンパクトカーに乗り換えます。
コンパクトなトヨタのアクアは高い人気がありますね。
そして、ニッサンのノートやホンダフィットなど好きな車種を選びたいですね。

 

ライフサイクルに合わせて車を買い替えることができます。

 

そして、子供がいると習い事や塾など、何かと費用がかかります。

 

ライフサイクルイベントお金もかかることもたくさんあります。

 

冠婚葬祭だと急な出費がかかることもあります。

 

毎月の支払いが一定で、諸費用の必要のないカーリースは都合のいい車の買い方と言えます。

 

そしてニーズに合わせて車を乗り換えることができます。

 

 

車リースとは、総支払額を少なくするプランです。

 

そんなマイカーリースもいろいろなサービス会社があります。
こちらでマイカーリース会社について詳しく説明していますのでよかったらご覧ください
おすすめマイカーリース会社一覧

 

コスモスマートビーグル公式サイトはこちら

 

メリットとデメリット

メリットデメリット

車をマイカーリースにすることのメリットやデメリットについてまとめてみました。

 

メリット

  • 月額の支払いが一定
  • 頭金不要で、ワンランク上の新車に乗れる
  • 個人事業主の方は節税にもなり税金対策にピッタリ
  • 整備もお任せできる
  • 維持費のコストが安い
  • 車検の費用も無し

 

メリットをもっと詳しく調べる

 

デメリット

  • 改造などのカスタマイズができない
  • 走行距離に制限がある
  • 期限で返却する
  • 原則途中解約できない

 

デメリットをもっと詳しく調べる

 

などが主なカーリースのメリットとデメリットです。
メリットは、月のコストを抑えてお得に車に乗ることができる。
デメリットは、自分のものにならないことや途中解約ができなことです。
最大のデメリットは、実は不人気車種を希望している方にはデメリットがあります。
リース店は、車をまとめて購入していることで値引きメリットを出しています。
ですが、不人気車種はあなたしか注文する人がいません。
そうするとスケールメリットを生かすことができなくなります。
また途中解約するときに、違約金が高くつくことになります。
下取り価格が安くなり、総リース代よりも下取り額が低く違約金が高くなってしまうのです。

 

カーリース見積

 

シュミレーションは簡単にできます。
ディーラーで見積するよりもむしろ簡単なくらいです。
月額でいくらかかるのか、
メンテナンス費用の有無やオプションなどを選択するだけです。
月額いくらで希望の新車に乗ることができるのがわかります。

 

また、中古車のリースもあります。
この場合は、まず中古車を探すことから始めるので
車リースの会社に確認する必要があります。
中古車のリースは、欲しい車探しから始めるので
車が見つかるまでリース契約はできません。
中古車の場合は、時間的に余裕を持つとこも必要です。

 

 

 

カーリースに向いてる人

マイカーリースに向いている人

  • まとまったお金がないけど新車が欲しい人
  • 月の支払は少なくしたい人
  • メンテナンス費用など急な出費を支払うのが大変な人
  • 車が必要だけど、車が好きでこだわるわけではない人
  • たくさん乗らない人

 

 

カーリースに向かない人

マイカーリースに向いていない人

  • 車が好きで改造したい人
  • 金利を払うのが損だと考える人
  • 現金一括払いで買える人
  • メンテナンスが自分でできる人
  • 毎月2000キロ以上たくさん車に乗る人

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

 

 

車の買い替え時期とリース契約

買い替え
そもそも車ってどれくらいで買い替え検討しますか?

 

5年くらいで新車に買い替えたい人はマイカーリースがおすすめかもしれません
新車に乗り換えるとき、また新しくローン組んで新車に買い替えする人は、
結局ずーとローンが終わらないことになります。

 

新車を買い替えする度に新しくローンを組むのですから、ローンの支払利息分余計な支払を続けていることになります。
車の買い替えが7年から9年くらいのサイクルの場合だと一番微妙ですね
2年から4年はローンのない年があります。

 

でもその分、メンテナンスにお金がかかることが増えてきます。
バッテリーやタイヤ交換、急にスライドドアが開かなくなるなんてこともあります(スライドドアの故障は9万くらいかかります)、どこかが故障して修理費用なんかもかかりますよね
ですが、リースの費用よりも年間では少ないので9年くらい乗ることを考えている人はローンで購入するのがおすすめだと思います。

 

維持費のかからない5年くらいで車を買い替える場合は、車リースを契約はお得かもしれません。

 

マイカーリースと言えば以前は会社契約がほとんどでした

法人リース
ですが、最近は個人契約も増え14万台以上の契約があるそうです
また最近の契約はメンテナンス費用もすべて含まれているプランもあり、
車検費用だけでなく、整備点検、オイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換など、
メンテナンスにかかる費用が全て込みになっているプランもあります。

 

今人気のコスモ石油が運営しているコスモススマートビーグルがメンテナンス費用込のプランを展開している
このコスモススマートビーグルでは、近くのコスモ石油のスタンドでガソリンが1リットル当たり最大5円引きという特典もあります。

 

このような利便性の多いサービスを展開しているコスモススマートビーグルは女性や高齢者を中心に利用者が増えていますね
このコスモススマートビーグルの最大の良さは、近くのコスモ石油で全部メンテナンスしてくれて、ガソリン代も割引になることです
毎月の支払い費用も安定していて毎年の自動車税や車検費用も考えなくても済みます
なにもかもおまかせでいいんです。

 

車にかかるわずらわしさがないのが、コスモススマートビーグルの最大のメリットですね
それでいて5年ごとに新車の乗れるんですから気分がいいのもです。

 

日経新聞にもマイカーリースがお得と書かれていました。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO77922300T01C14A0W06001/

 

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

自動車保険はどうなるでしょうか。

保険も車の経費のひとつ。
あなたは事故を起こしたことがありますか?
万が一のために、自動車保険には加入しますがその費用は人それぞれずいぶん違うものです。
会社でいくら払っているかお互いに確認しあったことがありますが10倍近く違いました。

 

今の車はすごく性能も良くなっていて、事故も起こしにくくなっています。

 

一度見直ししてみるといいですね。
自動車保険見直しはこちら

 

 

 

トップへ戻る