車リース

MENU

新車購入する時、車リースとローン購入はどっちがお得?

車リースはお得?
『車リースは、損なのか、得なのか、ローンで購入するほうがいいのか?』

 

どっちがお得

 

今、個人向けの車リースが人気ですが、ほんとうに車リースは得なのでしょうか?

 

損はしないのでしょうか?

 

ローンで車を購入する場合と比べてどう違うのか?

 

ここでは、車リースは損なのか、得かどうか本当の答えをまとめています。

 

 

車リースとは?

車リースは、最初に残価設定してリース料金を決めます。
その残価設定分がローンより支払額で少なく済みます。
つまり、残価設定ローンを組むのと同じようなものです。

 

 

具体的に説明します。
車両価格200万円の車をローンで購入する場合、
車両代200万円に諸経費や金利を加えた金額を分割で支払ます。

 

これに対して、リースはリース期間終了後の残価設定額を引いてリース料金を決めます。
その分、ローンよりも支払額が少なくなります。

 

ですが、実際にリースで見積を出して、ローンとリースで支払額を比べてみるとあまり差がないことがあります。
その理由は、車にかかる税金や諸費用分もリース料金には含まれている。
それとリース終了後の残価設定の低い車で見積をするとそのようなことがあります。

 

車リースは、
200万円の車両価格から残価設定額(仮に50万円として)を引いて、
税金と諸経費と金利を加味してリース料金が決まっています。

 

車リース最大のメリットは、
頭金なし、
月額定額払い

という2点です。
支払いが一定なので、家計の収支計画が非常に立てやすくなります。
こういったことから、車リースが人気になったということなんです。

 

比較

 

ローンで車を購入した場合、
車両価格200万円と諸経費と金利で分割払いします。
これに加算される形で、毎年の自動車税とメンテナンス費用など別途発生します。

 

ローン終了後、車を所有することはできますが、その分(残価分)リースよりも多く支払いをすることになります。
車は当然自分のものとして、続けて乗ることができますが、車検代や税金は毎年かかりますし、当然残価は毎年落ち、最後は0に近くなります。

 

おすすめ車リース

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

 

それと車を買い替えする時に、大切なことがあります

 

知っておかないと損することがあります。

 

あなたは車を買い替えるとき、下取りに出しますか?

 

それとも買取店に持ち込みますか?

 

ほとんどの人が、車の買い替えをするとき下取りに出すそうです。

 

たしかに、車を買い替えるときは下取に出すのが一番楽です
ですが、ずいぶんと損をしているってご存知ですか?
知ってるから買取店に持ち込んでいますって方もいると思います。
ですが、それでもまだ損をしているケースがあります。

 

実は、インターネットでの一括査定がすごく簡単でお得なんです。

スマホで

スマホでも簡単に一括査定でき、どこよりも高値で売ることができるようになったんです
車の買い替えをするとき、一括査定を利用することで、最高値で車を高く売ることができます
下取よりも50万、買取店に直接持ち込むよりも10万円は高くなることがあります。
例えばニッサンのエルグランドを下取りに出します。
ニッサン公式サイトのの下取り見積では、7万から21万円でした。
下取り額
結果として、車買取一括査定に出した場合は、
75万2千円で売れました。

 

こちらが実際に50万高く売れた車買取一括査定

 

 

簡単に、50万円も高く
11年落ちのエルグランドを売ることに成功しました。

 

もう少しわかりやすく説明します。
車は、11年落ちのエルグランドです。
サイドに凹みや傷があります。

 

まず、日産の公式サイトで見積をしたら7万から21万円でした。
その後、ディラーで下取り額をみてもらいました。
買い替えということなら頑張らせていただきますとのことで、だいだいの見積は20万くらいからということでした。
あまりにも安く納得できません。

 

そこで、参考までにと車の買取一括査定サービスを利用しました。

 

車種と年式を入力するとその後、だいたいの見積額が画面に表示されました。
査定額
その額はだいたいの幅を持った金額になっています。
エルグランドは、20万〜65万円でした。

 

 

翌日4件実際に車を見て見積したいと連絡が入ります。
車をまだ売る気がない場合、その場でその旨をお伝えすればそれきり電話はありません。

 

そして、その週末の日曜日の9時に実車見積になりました。

 

実際に車を見て、見積をする場合はどの買取店も同じ日の同じ時間にお願いします。

 

もしその日のその時間が都合が悪いという買取店があれば、その時点でその買取店はお断りします。

 

結果3社が実際に査定に来ることになりました。
1社は時間が合わないためお断りしました。

 

そして3社全部一度に見積をもらいました

 

それぞれ、名刺の裏に査定額を書いてもらいその名刺の裏に書かれた査定額を確認します。

 

そして一番高いところに売る。

 

これだけです。

 

時間にして1時間くらいです。

 

当初の想定よりもずっと高値になりまます。

 

もし、車を買い替えるのなら、
車買取一括査定は、すごくお得なサービスです

 

 

下記が実際に査定を書いてもらった名刺です。

査定

 

下取20万でしたが、買取で75万2千円になりました。
下取よりも50万2千円高く売ることができました。

 

傷や凹みのある11年落ちの車でも高く売れることがあります。

 

買取
50万円得した車買取一括査定はこちら

 

 

車車を買い替える場合は、こちら記事もチェック!
知らないと損する車の下取りと買取で50万も差がでるワケ
車の買取査定を匿名できる方法はこちら

 

 

さらに、この機会に自動車保険も見直してみてはいかかでしょうか。

 

先日、同僚と自動車保険のことで話したのですが、

 

保険料の違いに驚きました。

 

あなたは年間いくら自動車保険を払っていますか?

 

同僚の一人は6万円、もう一人はなんと11万円も払っています。

 

私は年間1万4千円です。

 

もちろん、みんな10年以上無事故です。

 

自動車保険10年で60万、110万、14万と大きな差がとなっています。

 

無駄に多く払っていないか、一度見直してみるのもありだと思いますよ。

 

自動車保険見直しはこちら

 

 

 

車リースが人気の理由はもうひとつあります

それは、ライフスタイルの変化が要因です。
私たちの若い頃は、車を持つことがサラリーマンや若者の夢でした。
クラウン
「いつかはクラウン」という言葉があるように、車を買い替えるごとにいい車に乗り換えたいという願望を持つ人が多くいました。
また車はひとつのステイタスシンボルでした。

 

ですが、時代は変わりました。

 

最近は合理的に車を使用する人が増えました。車はステイタスシンボルではなくなりました。
赤ちゃん
子供が生まれたらミニバンがいいね。
子供が大きくなったらセダンが乗りやすいね。
子供が独立して近所の買い物くらいしか使わなくなると、コンパクトカーが乗りやすいね。
アクア
生活スタイルで車を買い替えをするようになりました。

 

そのスタイルとカーリースのニーズがズバリ一致したことも車リースが人気になった要因です

 

具体的に説明しますと、
子供ができたので、小型のミニバンのリースを始めました。

 

5年後、子供が2人になり、少し大きめのミニバンに交換しました。

 

7年後、子供も大きくなり一緒に出掛けることも少なくなったので乗りやすいセダンと交換しました。

 

さらに5年後、子供も独立して近所の買い物くらいしか車で出かけなくなったのでコンパクトカーに乗り換えました。

 

子供がいると習い事や塾など、何かと費用がかかります。

 

毎月の支払いが一定で、諸費用の必要のないカーリースは都合のいい車の買い方と言えます

 

 

車リースとは、総支払額を少なくするプランです。

 

そんなマイカーリースもいろいろなサービス会社があります。
こちらでマイカーリース会社について詳しく説明していますのでよかったらご覧ください
おすすめマイカーリース会社一覧

 

おすすめ車リースのコスモスマートビーグル公式サイトはこちら


 

 

カンタンに車リースのメリットとデメリットについてまとめてみました。

 

メリット

  • 月額の支払いが一定
  • ワンランク上の新車に乗れる
  • 個人事業主の方は節税にもなり税金対策にピッタリ
  • 整備もお任せできる
  • 維持費のコストが安い
  • 車検の費用も無し

 

デメリット

  • 改造などのカスタマイズができない
  • 自己所有にならない
  • 期限で返却する
  • 原則途中解約できない

 

などが主なメリットとデメリットです。

 

 

 

車リース(マイカーリース)のトリセツ

ここからはもっと詳細に車リースについて知りたい方にもっとわかりやすくまとめました。

 

 

車リースはのメリットについてまとめてみます。

車リースは、月額定額の支払いでライフサイクルに合わせた車選びができます
また、自動車税やメンテナンス費用の管理もないのも楽
子供の教育費など、お金のかかる世代には嬉しいぷらんです
年金暮らしのシニア層にも支払いが一定で車が持てるのは嬉しいサービスですね
残価分の支払いが少なくて済むので支払い総額が安く新車に乗ることができます

 

つまり、車リースとは、ローンと比べて得というよりも楽な車の乗り方と言えます。

 

スマートビークルでも、おもな個人ユーザーは主婦層とシニア世代です
子供の幼稚園や習い事の送り迎えや買い物、シニア層の普段買い物の足代わりにはピッタリですね。

 

スマートビークル利用者が語る、マイカーリースの魅力は次のようなものだそうです

  • 新車の一括払いは負担が大きいが、毎月2から3万円なら気にならない
  • 若くないしこの先何年乗って行けるか・・・短い期間で良い車に乗れるのが良い
  • ガソリンも安くなるし良いことばかり
  • 5年、7年と決めて、契約終了時に気に入った車があれば換えられるのが良い
  • メンテナンス、車検などの手間がかからず、なんでも任せられて安心
  • 困った時に頼れるのが安心、自分でいろいろ考えずに済む

 

自分のライフスタイルを考えて車リースを上手に活用していただけたらと思います

 

 

 

車リースの体験談

ここからは、私の体験をもとに車リースについて詳しくご説明いたします

 

子供が生まれたので、今の車は狭くておむつ替えやベビーカーを乗せるのに、毎回たたまないと乗せることができませんでした。
『でも新車購入にはまとまったお金が必要です。』

 

子供が生まれ、いろいろなものを購入したので我が家にはまとまったお金はありませんでした。

 

ですが、乗り降り便利なオートスライドドアのミニバンが欲しいなと漠然と考えていました。

 

そんなときに見たテレビのCM。
コスモスマートビーグル
それがコスモスマートビーグルでした。

 

スタンドでも、カーリース始めたんだって思いました。

 

最初は車リースを利用する考えはありませんでした。

 

実は、私は過去に車リースで失敗した経験があるんです。

 

夫婦二人ので生活で賃貸マンションに住んでいたのですが、近所の日産で新型フェアレディZを見て欲しくなりました。
そのときはまだ子供もいなく、二人の生活でしたのでドライブに行くのにかっこいいよね。って思い買うことを決めてしましました。
そのとき、月額の支払いが楽なリースプランを提案され、そのまま契約しました

 

ですが、それから1年過ぎた頃、縁があってマンションを購入することになりました
ですが、住宅ローンを組むのに自動車リース契約があるとローン審査が通らないということで車のリース契約を解約することにしました
そのとき、違約金を払うことになり手痛い出費となりました
まだ1年だったので残債も多い割に査定額は条件が悪く違約金は180万円でした。
リースは1年くらいの解約が一番損になるようですね。

 

でもマンションは気に入っていたのでマンションを購入し、車は違約金を払って解約しました。
車はその後、レガシーを購入しました。

 

5年後。待望の赤ちゃんができました。
赤ちゃん
そして、オートスライドドアのミニバンが欲しくなったんです。

 

このとき、手持ちの現金はあまりありませんでした。

 

ディラーに行ってミニバンの見積をもらいましたが、頭金なしでもローンは組めますが月の負担額が大きくなってしまいます。
ミニバン見に行く
ミニバン欲しいけど、費用の面で厳しいかなって思ったとき、
スマートビーグルのCMを思い出して、スマホで調べてみたんです。
そしたら頭金なしで、月額も払える金額。
その上、諸費用や税金もいらないということだったので
見積して、申し込みをすることにしました。

 

費用が状況でも車リースを利用することで新車のミニバンに買い替えることができました
スマホで簡単
スマホで完結して、すごく簡単でした。

 

このとき乗っていたレガシーは、当然ですが一括査定で売却しました。
ディラーで下取りの見積をもらったら50万でした。
車を購入していただけるならもう少しのせることができるとは言われていました。

 

ですが、一括査定での相見積は102万円になりました。
その差は約50万円。
上記で一括査定に売却したエルグランドも下取りとの差は55万円でした。

 

一括査定は、ホントやらないと損です。
52万も得した無料査定はコチラ

 

 

車のリースについてもう少し詳しく説明します。

ローンで車を買う場合は、お金をディラーの金融機関から借りて車を購入することになります
一方、車リースは車をリース会社から借りて車を利用することになります

 

『ローン=借金をする、車リースは車を借りる』ということになりますね

 

車リースがどうして人気なのか
車リースが人気の理由は、

  • 頭金が不要で月々の支払いが定額
  • 好きな新車を選ぶことができる
  • 車のメンテナンス費用や諸経費がコミコミ
  • ネットで楽々手続きできる
  • などが人気の理由なんです
  • 『一番の理由は毎月の支払いが一定で楽♪ってことです

図にしてみるとこんな感じです
リースの説明

 

車リースは、特に女性やシニアの方に人気です
同じ予算でワンランク上のグレードに乗れメンテナンスや税金など面倒なことも全てコミコミ料金だからです
また個人事業主の方は税金対策にもなりますので、個人事業主の方は特にメリットが大きいですね
個人向けおすすめ車リースサービス会社
車リースはディーラーでも扱っているところがありますが、お得な車リース会社がありますのでご紹介します
最近はテレビCMでもよく見るようになりましたね
スマートビーグルはよくCMもやっているので認知度も高いマイカーリースです。
コスモスマートビーグルはコチラをご覧ください
マイカーリースのコスモスマートビーグルをもっと詳しくみる

 

スマートビーグルって何か特典とかあるんですか
コスモスマートビーグルの特徴と特典は、

  • 給油時に1リッターあたり10円の割引
  • コスモのサービスステーションにて洗車の優待
  • メンテナンス時にスタンドへ持ち込むと割引サービス
  • 唯一全てコミコミの任せきりのゴールドプランがおすすめ

などの特典があります
マイカーリースのコスモスマートビーグルもっと見る

 

コスモスマートビーグルでは、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバルなど様々な車種を扱っています。
また、中古車も一部扱いがありますので、希望の車種がきっと見つかります。

 

 

個人で利用できる車リースのサービス会社

車リース会社は、コスモスマートビーグルの他にもたくさんあります
ホンダや日産のようにディーラーでリースを扱っているところもあります
また、オリックスリースのように金融会社の車リースもあります
オリックスの車リースは楽天からでも見積できます
オリックス
オリックスカーリースはこちら

オリックスのカーリースはいまのり君プランにセブンとナインがあります
これは7年リース、9年リースのことで月の費用を抑えて安く新車に乗れるプランです
また、オリックスのいまのりくんナインもすごいところは、9年の契約終了後乗っていた車をもらえるということです
車リースでは珍しいサービスでオリックスのカーリースが人気の理由のひとつです

 

 

またオリックスのカーリースライバルで三井住友オートサービスも車リースをやっています
三井住友
三井住友カーリースはこちら

三井住友オートサービスの7年カーリースは契約終了後に乗っていた車をもらうことができます
なので初期費用が厳しい人や、車検費用などまとまった金額を用意するのが難しい人にピッタリなリース会社と言えます

 

 

またディーラーもローンや残価設定ローンの他に車リースもやっています。
ニッサンのカーリースプラン

ニッサンのカーリース

 

ホンダのカーリースプラン

ホンダのカーリース

 

ただディーラー系のリースはサービス面であまりおすすめとは言えません
それはなぜか
私も失敗しましたが、サービス面や解約条件があまりいいとは言えません
下取りをするとき他の買取店よりも安くなると同じようにディラーの残価設定は買う人に厳しい設定額です。
なのでディラーのカーリースを利用するんだったら残価設定ローンのほうが金利が低いケースがあるので買いやすいかもしれませんね

 

マイカーリースサービス会社についてもっと見る

 

 

カーリースは今全国で288万台登録があります。
詳細に関しては国土交通省のページで確認できます。
国土交通省ホームページ
カーリースは多くの需要があり、利用されている人も多いことがわかります。

 

また、一般社団法人 日本自動車リース協会連合会ではカーリースに関する情報がわかりますので詳しく調べたい方は参考にしてください。
日本自動車リース協会連合会

 

 

 

 

車リース利用の流れ

ここでは車リースする際の一連の流れについて少し説明させていただきます
まず、希望する車種の設定をします。

 

車リースを利用する場合に最初は利用する会社選びになりますが、大手の自動車メーカーなどもサービスの提供を行っているので、事前に乗りたい車がある程度きまっているのであればその車のメーカーの車リースサービスをチェックするとよいでしょう。

 

もちろん、メーカーが提供しているサービスではなく一般的な会社が提供しているサービスであってもさまざまな車種の取り扱いをしていることが多いので、いろいろある車種の中から選ぶこともできるようになっています。

 

車種によってかかってくる費用は異なるので、自分が希望している車種がおいているかどうかということだけでなく利用においてはどれくらいの費用が必要になってくるのかということもきちんと理解する必要があります。

 

車リースは継続的に車を借りて乗るという形になるのが一般的になるので、将来的なことを考えた場合にも乗りやすいということがポイントになってくるため意識しておくようにしましょう。

 

また、車リースは毎月一定の料金を支払うのが普通ですが、すべての支払いが終わった後は必要に応じて買取をすることができるので将来的に自分の車になるかもしれないということを考えることも必要です。

 

利用する場合は利用における条件をきちんと事前に確認しておく必要があり、特に事故を起こした場合や途中解約をする際の条件などはトラブルになる可能性もあるので車リースにおける事前のチェックポイントになります

 

 

次に見積です
車リースを利用する場合の流れとしては最初に乗りたい車種を選んで、そこから見積もりという流れになることが多いのですが、見積もりについてはインターネットでの対応が可能になっているところもあるので事前に確認しておくとよいでしょう。

 

基本、デイラーは販売店に足を運ばなければなりませんが、コスモスマートビーグルの場合、ウェブですぐに見積できるんで便利ですね。

 

車リースを利用して見積もりを受けた後は提示された金額に納得した場合に契約という流れになりますが、同じ車種でもカーリースのサービスを提供している会社によって見積金額が異なっていることもあります。

 

少しでもお得な金額で乗りたいというのであれば複数の車リース会社に見積もりをしてもらってそこから相見積もり形式で安く利用することができるサービスを選定していくという方法が費用面ではおすすめになります。

 

見積もりをする際のポイントとしてはどこに要点をおくかというところがポイントになりますが、補償内容やサービス内容などはそれぞれの会社で異なっているので事前に確認しておく必要も出てきます。

 

車リースのサービスを提供している会社は増えていますが、大手の自動車メーカーでもサービスの提供をしているので、日頃から取引があるメーカーであれば話もスムーズに進むことが多くなります。

 

また、一度契約をすると継続的な利用が前提になってくるので長期的な利用になった場合でも大丈夫かどうかということもポイントの一つになります。

 

トラブルにならないようにするためにも契約の内容についてはきちんとチェックしてからの利用というのも必要になります

 

そして車リースの審査となります

車リースもカーローンと同じように審査があります
車リースを利用する場合は毎月一定の金額を会社側に支払うのが一般的となっており、イメージとしてはマンションやアパートを借りて毎月一定の家賃を支払うような感じで、家賃さえ払っていれば家の管理は大家がしてくれるように車リースにおいても会社側がしてくれます。

 

車リースは法人向けのサービスとしてのイメージが強いものの、最近は個人向けにも普及しており、車を購入することに比べると手間がかからないことや費用の管理がしやすいなどの理由から人気となっています
ただし、車リースはレンタカーと違って借りるのが一時的ではないので長期的に借りるのが基本になってくるので、当然ながら費用もそれなりにかかってくることになり金銭的な負担も大きくなります
また、継続的に利用することができるかどうかということも貸し出す側は気になる点になるので通常は車リースの利用においては審査を受けるのが一般的となっており、審査を受けて利用することができると判断された後は利用が可能になります。

 

 

車リースの審査においては基本的に収入を得ることができるかどうかという点で、収入に安定性があることは利用における絶対的な条件になっているので把握しておく必要があります。
また、個人と法人が契約する場合でも審査の条件などは異なってくるので事前に把握しておく必要もありますが、担保となるものがあると審査には有利になるので特にマイホームの所有などは効果的です。

 

そして、車リースの総支払額はマイカーローンより少ないですので、金利負担や毎月の支払いは楽になります。
その分でワンランクグレードを上げることも可能になります

 

 

車リース契約後は、

車リースを利用するためにはサービスを提供している会社に申し込みをして審査を受けるという流れになりますが、審査にクリアすることによってようやく車に乗ることができる準備の完了となります
審査についてはサービスを提供している会社によって時間も異なるので、早めに車が必要となる場合は審査を受ける前にチェックしておく必要がありますが、条件についてはインターネットでそれぞれの会社のホームページをチェックすることでも知ることができます。

 

車リースを利用する場合の条件として安定した収入を得ていることだけでなく、ブラックリストの有無なども調べられるので金融破綻をしたことがある人だと利用することが難しい可能性もあります
審査に通過してカーリースのサービスを利用する流れになると毎月一定の金額を払いながら車の維持をすることになりますが、任意の自動車保険については自分で加入しなければならないところも多いので事前に把握しておく必要があります。

 

また、当初の契約が満期になった場合は必要な手続きをすることによって買取をすることができる場合もあり、この場合は差額分の支払いをすることによって自分名義にして継続利用することができます
特にトラブルがない場合は途中解約することも少ないのですが、解約をする場合は違約金の支払いが必要になることもあるので、事前にどれくらいの違約金の発生があるのかということもチェックしておく必要があります
このような流れで車リースの契約が完了となります。

 

ディラーで車リースの利用をする場合は、販売店に行き、商談、審査という流れになりますが、インターネットでは様々な車種の見積もりを比較して検討できるので便利で楽になります。
また、サービス面の違いもありますから、面倒でなければディラーの車リースやコスモスマートビーグルなど何社か見積もりを比較してみるといいかもしれません。

 

コスモスマートビーグルはこちら
オリックスのいまのり君はこちら

 

 

 

個人の車リースとは

車をリースするというのは「借りる」といった面ではレンタカーと同じです
ですが期間が5年と長期的に一定の期間貸し渡す契約で毎月一定額でレンタルできるというものです
レンタカーとの違いとして新車からの場合、車種、外装、内装、装備など自由に選ぶことができます。

 

最終的に残価を払って買取りができたり、登録番号も「わ」ナンバーでなく自家用車と区別されないのが特徴です。

 

位置づけとしてはレンタカーと自家用車の中間的な扱いですが、自家用車を長期でカスタマイズしてレンタルすることとができると理解してください

 

車リースの考え方

車の価値は年々下がります
買った瞬間から元の価格では売れません
一般に個人向け車リースで支払いする金額は、車両価格からそれぞれ「契約満了時の中古車価格」を差し引いた下がった価値分の「車両価格の一部」を払うことになるため支払額を安くすることができます。

 

それとコスモスマートビーグルのように会社としてまとめて買うので大きな値引き金額あり支払いを抑えることができます。
車リースには中古車もありますが、新車からのリースがほとんどで新車をローンで購入するより月々の支払いが少なく一定金額で車に乗れます。

 

車リースとローンを組む場合どちらを選ぶか

例えば200万円のトヨタのアクアを車リースとディーラーローンで購入した場合を比較考えてみましょう。

 

まず、金利5%、頭金なし、ボーナス払いなし、5年(60回払い)でローンを組んだ場合では 月々37,742円を支払っていくことになります。

 

一方、コスモ石油のスマートビークルの車検から消耗部品交換、税金、車両維持に関する全て込みのゴールドパックのリース期間60ヶ月 を利用した場合月々41,000円で乗れます。

 

ただし、ローン購入の場合、税金や車検、点検、消耗品の交換、購入時の登録諸費用は別途必要になりその分は割高になります。
・自動車取得税 エコカー減税で免除

 

これだけで考えると車リースのほうがお得に見えます
ですが5年後、大きな違いとして、自動車ローンは自分の物になるけれど、車リースの方は返却になるところが大きな違いで、
ローン購入では完済後、車は自分の物になるので売る事もできるのです。

 

高く売れればローン購入の方が得になることもあるということです。

 

ローン完済後も長く同じ車に乗るのであればこの場合ローン購入の方が金額面からみればお得になると思います。

 

ここで紹介している車リースは「車検やメンテナンスは全て任せられるので手間がいらない」「個人で管理するより安全性が維持できる」 といったことや、石油会社のカーリースだと、普段、給油時に利用するスタンドで点検や洗車優待なども受けられるというサービスもメリットなのでお得ということになります。

 

 

 

車の買い替え時期

そもそも車ってどれくらいで買い替え検討しますか?

 

5年くらいで新車に買い替えたい人は車リースプランがおすすめかもしれません
新車に乗り換えるとき、また新しくローン組んで新車に買い替えする人は、
結局ずーとローンが終わらないことになります。

 

新車を買い替えする度に新しくローンを組むのですから、ローンの支払利息分余計な支払を続けていることになります
車の買い替えが7年?9年くらいのサイクルの場合だと一番微妙ですね
2年から4年はローンのない年があります。

 

でもその分、メンテナンスにお金がかかることも多くなります。
でもその分、メンテナンスにお金がかかることが増えてきます。
バッテリーやタイヤ交換、急にスライドドアが開かなくなるなんてこともあります(スライドドアの故障は9万くらいかかります)、どこかが故障して修理費用なんかもかかりますよね
ですが、リースの費用よりも年間では少ないので9年くらい乗ることを考えている人はローンで購入するのがおすすめだと思います

 

車リースと言えば以前は会社契約がほとんどでした

ですが、最近は個人契約も増え14万台以上の契約があるそうです
また最近の車リース契約はメンテナンス費用もすべて含まれているプランもあり、
車検費用だけでなく、整備点検、オイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換など、
メンテナンスにかかる費用が全て込みになっているプランもあります。

 

今人気の車リース会社、コスモ石油が運営しているコスモススマートビーグルがメンテナンス費用込のプランを展開している
このコスモススマートビーグルでは、近くのコスモ石油のスタンドでガソリンが1リットル当たり最大5円引きという特典もあります。

 

このような利便性の多いサービスを展開しているコスモススマートビーグルは女性や高齢者を中心に利用者が増えていますね
このコスモススマートビーグルの最大の良さは、近くのコスモ石油で全部メンテナンスしてくれて、ガソリン代も割引になることです
毎月の支払い費用も安定していて毎年の自動車税や車検費用も考えなくても済みます
なにもかもおまかせでいいんです。

 

車にかかるわずらわしさがないのが、コスモススマートビーグルの最大のメリットですね
それでいて5年ごとに新車の乗れるんですから気分がいいのもです。

 

日経新聞にも車リースがお得と書かれていました。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO77922300T01C14A0W06001/

 

 

 

保険も車の経費のひとつ。
あなたは事故を起こしたことがありますか?
万が一のために、自動車保険には加入しますがその費用は人それぞれずいぶん違うものです。
会社でいくら払っているかお互いに確認しあったことがありますが10倍近く違いました。

 

今の車はすごく性能も良くなっていて、事故も起こしにくくなっています。

 

一度見直ししてみるといいですね。
自動車保険見直しはこちら