下取り車がある場合の値引き交渉テクニック

MENU

下取り車がある場合値引きはこうなる

新車販売店
新車を購入する際、今乗っている車をそのままディーラーに売ることを下取りといいます。

 

 

 

 

 

販売店営業は、必ず下取り車はありますか?と聞いてきますよね。

 

販売店は下取りした車を中古車として販売しますので、販売店の利益になります。
なので基本的に下取り車があるほうが商談しやすくなります。

 

営業マンはこれを利用して、下取り車で値引きを調整してきます。

 

なのでここで注意しておく必要があります。
下取りは値引き交渉の終盤まで黙っておきます。

 

でないと最初から下取りでの値引き額を車体の値引き額で調整されてしまいます。
最初の内は、「下取りは買取店に出す予定と言っておくのがいいでしょう」。

 

ただし下取りの場合、基本買取店よりも安くなります。
値引き交渉時には、一度買い取り専門店で複数社見積もりをとることをおすすめします!

 

買取店

 

かんたん車査定ガイド

 

下取り査定0円でも買取価格がつくことも普通です。
新車・中古車の購入の際、下取り車がある場合はディーラーや販売店側の下取り査定価格と車買取業者へ売却することを想定した買取価格の比較をすることが重要です。
下取り車によっては販売店側の下取り価格プラス値引き価格よりも買取業者が提示する買取価格の方が高くなることはよくあります。

 

販売店に下取りへ出すと、下取り車の査定価格以上を下取り価格にすることはありません。
ですが、下取り価格に満足しない場合、購入予定の車両の値引き幅を下取り価格に上乗せて調整してきます。
つまり下取り価格プラス値引き価格で考えると値引きが少なくなることになり、下取り額をアップさせているだけです。

 

一方で、車買取業者へ売却する場合、査定価格にさらに上乗せして買取価格がつきます。
これは、値引きを同じで自分のところの販売利益分を調整して車を買取たいと買取価格の調整をしてくるのです。

 

買取店は多くの車を仕入れたいと思っています。
だから競合よりも少しでも高い買取額を出して車を買い取ろうとします。

 

つまり、下取り車がある場合は販売店での査定価格と値引き価格を確認し、

 

その後、車買取業者へ査定依頼を行い、

 

売却に見合う金額が提示されない時は販売店へ下取りに出す手順というのがおすすめす。

 

下取り車が過走行や低年式の場合、販売店では査定価格0円となりますが、車買取業者によっては海外需要があり買取価格がつくことが多くあります。

 

買取業者と販売店の両方と交渉するという手間はありますが、それ以上確実に下取り車を高く売却することができます。

 

車を売るならネットで簡単一括査定すると確実に高いほうで売れるということです。
つまり

 

 

【車買取の査定相場を匿名で知る】
車が一番高く売れる業者はココ。車買取の査定相場を匿名で知る方法!

 

 

【車一括査定サイトのレビュー】
買取体験

車買取店で下取りよりも50万高く売れました。

 

 

 

 

関連ページ

マイカーローン金利安いおすすめはどこ?比較してわかるメリット・デメリット
マイカーローン金利安いおすすめはどこ?比較してわかるメリット・デメリットを徹底検証しました。