マイカーローン金利安いおすすめはどこ?比較してわかるメリット・デメリット

MENU

マイカーローン金利安いおすすめはどこ?比較してわかるメリット・デメリット

マイカーローン
車を購入する際、多くの人が利用するマイカーローン。
マイカーローンには、大きく2種類あります。

 

 

 

ひとつは、ディーラーローン(自動車販売店の取り扱うローン)です。
もうひとつは、銀行や信用金庫が扱うマイカーローンです。

 

購入したディーラーのローンをそのまま利用する人が多いですが、金利安いマイカーローンはどこでしょうか?
最近はユーザーがさまざまなローンを比較検討できる時代です。
少しでも安い金利でマイカーローンを利用したいと考えます。
ここでは、マイカーローンの金利で安いのは、またそれぞれのメリット・デメリットなどについてご紹介していきます。

 

 

ディーラーローンは、新車の販売店が取り扱っているローンです。
大手ディーラーでは、系列会社のローン会社を持っています。
たとえばトヨタなら「トヨタファイナンス」、
ホンダなら「ホンダファイナンス」というローン会社を持っています。
新車をローンで購入するときは基本このローン会社を使うことになります。
また、ディーラーローンには通常のローンの他、「残価設定クレジット」という月の支払負担を安くしたローンも用意しています。
車両価格の一部を残価としてあらかじめ設定しておき、残りの金額を分割で支払っていきます。そのため月々の支払額が少なくなるということです。
残クレでは、決められた回数の支払いを終えた後、「車を返却する」「新車に乗り換える」「残価を支払い、車を買い取る」と3つの選択肢から選ぶことになります。

 

 

ディーラーローンの金利

マイカーローン金利
ディーラーローンの金利は、販売店によって様々ですが、たいたい3.0%〜7.0%の間が相場です。
最近のディーラーローンは低金利になってきているため、3.0%〜5.0%で借りられるところも増えています。
たとえば「ホンダファイナンス」のローンでは、通常のクレジット・残価設定クレジットともに実質年利は3.5%です。
また、車種によって「特別金利」が設定されていることもあります。
特に残価設定ローンの金利は通常ローンよりも大幅に安く設定させており、月の支払負担も安くなるため、新車を購入しやすくしたローンと言えます。

 

ディーラーローンメリット

ディーラーローンを使うメリット主に2つあります。

 

1.審査に通りやすい
自動車販売店は、ローンが通らないと車が売れません。
なので比較的審査は通りやすくなります。
ディーラーローンは、完済するまで車の所有権はディーラーローン会社にありますので、万が一途中で返済が滞った場合、ディーラーは車を引き上げて売却できる権利があります。つまり車が担保になっていますのでローンは組みやすくなっています。
回収不能のリスクが低いため審査は通りやすくなるのです。

 

2.審査が早い
ディーラーローンは、審査時間が短くなります。
販売店でおよそ30分〜1時間程度で審査結果が出ます。
もちろん土日祝日でも審査を受けられます。
商談中に審査していますので待ち時間は感じられません。

 

 

ディーラーローンのデメリット

一方、ディーラーローンには主に2つのデメリットがあります。

 

1:銀行ローンに比べると金利が高い
ディーラーローンの金利はだいたい「3.0%〜8.0%」が相場です。
最近、金利は下がってきているのですが、銀行のマイカーローンでは2.0%〜5.0%が相場ですので、ディーラーローンのほうが高めになります。

 

2:ローン完済まで車の所有権はディーラーローン会社にあります
ディーラーローンでは返済途中の車の所有権はディーラーのファイナンス会社にあります。なので完済するまでは勝手に売却することはできません。
ローン完済後に車の所有権を自分に移す所有権解除の手続きをする必要もあります。

 

 

 

銀行や農協などの金融機関が取り扱うマイカーローン

マイカーローンは、銀行やJAバンク、信用金庫などの金融機関でも取り扱っています。
車の購入費はもちろん、修理費や車検代などにも使うことが可能になります。
このような銀行のマイカーローンを使って車を購入する場合、自分でローンを申し込み審査を受け、金融機関に振り込みをしてもらいディーラーに一括で現金払いします。

 

マイカーローンの金利
マイカーローンの金利は、基本的にディーラーローンより低く、2.0%〜5.0%程度が相場です。
中には、金利が1.0%台の低金利のところもあります。
特に低金利で有名なマイカーローンとしては、千葉銀行の「ちばぎんマイカーローン」(年1.70%〜2.55%)や、朝日信用金庫の「朝日マイカーローン」(年1.50%〜2.90%)などがあります。
ただし、金利が低い分マイカーローンは審査基準は少し厳しくなります。
ある程度の勤続年数や年収が求められます。

 

 

マイカーローンのメリット

金融機関のマイカーローンを使うことは2つのメリットがあります。

 

1:金利が低い
金融機関のマイカーローンの金利はディーラーローンに比べると低いところが多いため、少しでも安い金利のところを使いたい人にはおすすめです。

 

2:車の所有権が自分になる。
ディーラーローンの場合、ローンを完済するまで車の所有権はディーラーファイナンス会社になりますが、マイカーローンを利用した場合はディーラーに現金一括払いになりますので、所有者はユーザーとなります。

 

マイカーローンのデメリット

一方、マイカーローンには3つのデメリットがあります。

 

1:審査が少し厳しい
マイカーローンに限らず、銀行のローンは金利が低く設定されている分、審査の難易度は少し高くなります。
一般的に「安定継続した収入のある人」が対象となります。
パート・アルバイトの場合は保証人が必要になります。

 

2:書類が多く手間がかかる
ディーラーローンは、販売店の担当者が手続きをしてくれます。
一方で、金融機関のマイカーローンは自分で必要な書類をすべて用意し提出しなけらばなりません。

 

3:審査にも時間がかかる
金融機関にもよりますが、マイカーローンの審査時間はディーラーローンより長くかかるります。申し込みから数週間必要とする場合も多くあります。
手続きによっては納車が遅れることもあります。

 

ディーラーローンVSマイカーローンの比較まとめ

ディーラーローンとマイカーローンの特徴をまとめて比較してみましょう。

 

ディーラーローン
金利の相:3.0%〜8.0%
返済期間:最長5〜7年
車の所有権:なし
審査の通りやすさ:比較的通りやすい
審査時間:最短30分
申し込みのしやすさ:担当者が代行してくれる

 

 

 

銀行のマイカーローン 
金利の相場:2.0%〜5.0%
返済期間最:長10年程度
車の所有権:あり
審査の通りやすさ:少し通りにくい
審査時間:1週間以上
申し込みのしやすさ:自分で手続きが必要

 

 

 

まとめ

マイカーローン金利安い
お金を借りるとなれば、優先したいのはやはり金利です。
少しでも安い金利のマイカーローンを利用できるそうであれば、ぜひ前向きに検討したいところです。

 

ただし、ディーラーローンは残価設定などで、金利がだいぶ低くなっていますし、車種によっては特別金利が設定されています。
単純に「金融機関のマイカー論のほうがお得!」とはいえませんのでよく検討することをおすすめします。

 

特に販売店が販売強化している車種は低金利になっているので、購入する車種で安い金利を比べて検討することが一番でです。

 

 

関連ページ

下取り車がある場合の値引き交渉テクニック
新車を買うときに、下取り車がある場合の値引き交渉テクニックをご紹介します。