軽自動車の白ナンバー変更やり方【図柄入りナンバー申請方法】

軽自動車 白ナンバー変更やり方

軽自動車を白ナンバーに変更のやり方は現在3つあり簡単です。

  • オリンピックナンバー
  • ラクビーナンバー
  • ご当地ナンバー

に変えるだけで白ナンバーに変更できます。
軽自動車でもこのナンバープレートを所得することで白ナンバーをつけることができます。

 

オリンピックナンバーとは、
オリンピックナンバー
東京オリンピック・パラリンピックを記念する特別仕様のナンバープレートです。
色彩鮮やかな「図柄入りナンバー」と、白地プレートの右上部に東京五輪エンブレムが配置された「エンブレム付きナンバー」の2種類があります。

 

ラクビーナンバーとは、
期間限定で取得できる「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」のことです。
ラクビーナンバーも2種類あり、1000円以上の寄付金をすることによるラグビーの図柄とロゴの入ったタイプで、もう一つは、ナンバー右上にロゴの入ったロゴ付きナンバーになります。

 

ご当地ナンバーとは、
ご当地ナンバー
地域の名産品や景勝地などがデザインされたナンバープレートで、全国41地域で2018年10月から交付されることになりました。
図柄入りご当地ナンバープレートも、軽自動車も普通自動車と同じデザインのナンバープレートを使用しています。

 

ただし、ご当地ナンバーには黄色い縁があります。
軽自動車のご当地ナンバーは全く普通車と同じデザインではなく、縁が黄色になるので注意してください。
この白ナンバーを取得する方法は、2パターンあります。
自分で取得するか、ディーラーや整備工場にやってもらうかのどちらかです。

 

自分で変更するやり方は、
パソコンやスマートフォンで専用WEBサイトで申し込みする
寄付金と交付手数料を支払う
そして、事務手続きに申し込み後、約10日間で手続きに時間がかかります。
このとき、専用ウエブサイトの照会メニューで進捗状況を確認することができます。
事務手続き終了後、交付申請書をダウンロードし、印刷したら、
交付申請書を軽自動車検査協会(普通車は陸運支局等)に提出します。
新たに交付されたナンバープレートと交換する
また、交換申請書を確認する際、車検証の写しと所有者の印鑑または署名(普通車のみ)が必要になります。

 

また、交付には費用がかかりますので覚えておいてください。
地域によって異なりますが、東京の場合で7210円ほどです。
ディーラーなどにお願いした場合は、手数料がこれに加算されます。

 

ディーラーにお願いした場合、
「ナンバー変更代行手数料」等、ディーラーや整備工場が定めた手数料が発生します。
交付手数料と合わせて2万円弱かかります。

 

オリンピックナンバー、ラクビーナンバーも交付期間に制限があります。
現在は終了の未定となっています。

 

オリンピックナンバー、ラクビーナンバーは下記サイトから申請できます。
https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html

 

 

ご当地ナンバーは2018年10月から全国で交付開始(図柄入り)です。

 

トップへ戻る