ハスラーはリースと購入どっちがお得?

ハスラーどっちがお得
ハスラーはリースと購入とどっちがお得なんでしょうか?

 

今人気のハスラー。車リースでも人気があります。
車リースでの人気のあるコスモスマートビーグルでも人気2位となっています。

ハスラーの人気

人気のハスラーに安く乗れ、しかも税金や車検費用もいらない。
車リースのサービスを利用してハスラーに乗る人もたくさんいます。
グレードによって価格は少し違ってきますので実際にシュミレーションしてみるといいと思います。

ハスラーのシュミレーションはこちら

 

 

 

ハスラーを新車で60回ローンで購入する場合、
金利4.9%で総支払額133万円。

ハスラー

リースプランの場合、5年契約(60回メンテナンス費用込)142万円。

 

ローンで購入した場合、自動車税が毎年10800円。
3年後の車検費用だいたい相場で5万前後。
エンジンオイル交換年1回として約5千円。
5年で約12万弱のメンテナンス費用がかかります。

 

他にガソリン代が年1万キロ走行として345リッター(燃費29km)で135円(1L当たり)で46600円。
アクアをリースでコスモススマートビーグルを利用した場合5円引きになりますので44850円。
5年で2千円程度ですがアクアはリースのほうがガソリン代もさらにお得になります。

 

 

トータルでハスラーをローンで購入した場合費用は約168万円
ハスラーをリースで購入した場合164万円となります。

 

他にもっと細かくみると少し変わる部分もあると思いますが、
概算でハスラーはリースのほうが約4万円お得という計算になります。

 

ほとんど差はありませんが、リースプランにほうがややお得ということになります。
このケースは、コスモススマートビーグルのシルバープランを利用したとして計算しています。
コスモススマートビーグルはコスモ石油が運営するリースプランで、
ガソリンが最大で5円引き、メンテナンス費用や車検費用も含まれるもので大変お得なプランと言えます。
コスモスマートビーグル

コスモススマートビーグル詳しくはこちら

 

 

ご存知でしょうか?
車を買い替える場合、
下取り車は、新車購入では値引きの調整に使われています。
あなたの車を買い替える場合は、買取査定額を新車商談前に知っておくと損しないで済みます。

 

自分の車の買取相場を知らずに商談すると損することがあります。

 

車の査定相場は簡単にわかります。

 

まず、買取一括査定で車の情報を入力します。

 

するとだいたいの目安の買取額がわかります。

目安

こんな感じです。

 

そのあと買取店から3社の見積をしてもらいました。

 

いっせいのせ!で同時に見積額を提示してもらいます。

査定額

こんな感じです。

 

そして一番高い値段をつけたところに売ることができます。
もちろん、断ることも可能です。

 

 

実際に利用した一括買取査定は下記になります。
かんたんですので試してみるといいですよ。
車買取一括査定はこちら

 

わたしが実際に車を買取した話はこちらの記事をごらんください。
車の買取査定価格で下取りよりも50万円の高く売れた!

 

 

ハスラーリースでの値引き

ハスラーをリースで利用した場合の値引きってどうなんでしょうか。
新車購入では値引き交渉しますが、リースの場合の値引きはどうなっているのか。
コスモスマートビーグルの場合、一括購入による値引きが含まれた価格になっているので、
個人で値引き交渉するよりも安くなっているかもしれません。
値引き交渉が苦手な人はリースを利用することで、値引き交渉することなくハスラーをお得に手に入れることができるかもしれませんね。

 

 

ハスラーのリース見積はこちらが参考になります。
おすすめリース会社
おすすめカーリース会社ランキングはこちら

 

一時の人気はすっかりジムニーに行き、値引き条件は拡大傾向にあります。
まずは同一地域の販売店で競合同士で仕掛けてみましょう。
用品値引きもしっかり交渉してみましょう。
目標値引き額は14万円を目指してみましょう。

 

 

 

ハスラーの魅力

SUVチックなデザインが楽しい
マイルドハイブリッドで燃費性能も優れている
4WD車には悪路に対応した機能も満載

 

 

マイクロSUVのデザイン性が一番ですが、機能性もしっかりあり雪道やレジャーでも活躍できるような仕上がりです。
マイルドハイブリットはクリープEV走行ができない旧世代のS-エネチャージですが、燃費性能やアイドリングストップからの静かな復帰は一線級です。
4WDには実用的な機能も加わっています。

 

課題
ハスラーデビュー以降の先進安全技術の進化は著しく中級グレードのGは低速用自動ブレーキしかつかない。
上級のXは高速域にも歩行者にも対応するが、誤発進抑制機能が後退時には機能しないなど最新のスペーシアを差がある。
サイド&カーテンエアバッグのオプション設定もない。

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る