車リースデメリット

MENU

車リースデメリット、車をリースするとき気をつけること!

車リースデメリット、車をリースするとき気をつけること!
車リースプランを検討している人は車リースのデメリットを理解しておく必要があります。

 

車リースのデメリットは途中解約できないことです。

車リースデメリット

どうしても途中解約が必要になった場合は、解約金が必要になります。
この解約金とはリースしている車の買取することと同じです。

 

 

 

私も実際に体験したのでこの解約金を払いました。
私の場合、日産のフェアレディZをリース契約して1年ほどで解約しました。
1年間に払ったリース代67万円プラス解約金180万円を支払いしました。

Z

車リースは解約すると思いがけない費用がかかってしまうので注意が必要です。
もし解約するリスクがある人はよく考えてからがいいと思います。

 

私と同じようなケースでスポーツカーをリース契約したけど、
翌年子供が生まれて乗れなくなってしまったなんてこともあるようです。

ミニバン

車リースプランでの利用は、コンパクトカーやワンボックスカーが一番解約がなくお得に乗れるようですね。
コンパクトカーはリースプランでも月の費用が安くメンテナンス費用や税金もないため、月の費用が一定となります。
コスモススマートビーグルだとガソリン代も最大5円引きになるためホントにお得です。

 

人気のない車種をリースで契約すると残価分の支払いリスクがありましたが、
コスモススマートビーグルだと、残価のつかない車種をそもそも扱っていないのでそのデメリットはありません。

 

結論としては、車リースのデメリットは途中解約できないこと。

 

反対に車リースのメリットは、
車にかかる税金やメンテナンス費用の分がお得に乗れること。
その分でワンランク上の車に乗ることもできます。

 

例えば今人気のホンダのNBOXをローンで買っても月2万6千円(60回払い)
リースで契約した場合も月2万6千円(5年契約)。
ですが、翌年からの自動車税とメンテナンス代がローンで購入した場合は別途かかります。

 

コスモススマートビーグルは、すべてのメンテナンス費用(エンジンオイル交換、バッテリー交換、タイヤ交換、車検費用、整備費用、ロードサービス等)も込で、
さらにガソリン代も最大5円引きになると女性や高齢者の方を中心に人気になっています。

 

カーリース会社には様々なプランがあります。
おすすめカーリース会社ランキングはこちら