CHR【トヨタ】の値段

MENU

CHR【トヨタ】の値段はリースとローンでどっちがお得?

今人気のSUV。トヨタの新型SUV C-HRが人気です。
CHR
C-HRが発売されて1ヶ月が経過した時点で受注台数は約4万8000台を突破しています。
そんな人気のC-HRは、当然値引きも厳しいと予測されます。

 

C-HRのハイブリッド車なら燃費性能30.2kmと抜群です。
売れているのもハイブリッド車が中心となっています。

 

新型CHRの値段は251万円から
ハイブリッドモデル車の値段は264万円と290万円。

 

では、CHRの値引きはどうなっているのでしょうか?

 

発売された当初CHRの値引きは5万前後でした。

 

値引き額は2017年8月では付属品込で最高15万くらいが限界のようです。

 

今後増えても付属品込で20万が限界が一般的です。

 

となると、普通の人が交渉すると頑張って10万から12万くらいが普通じゃないでしょうか。

 

そんなC-HRの値引きが最大106万円もできるかもしれないって言ったら信じますか?
C-HRの新車が安く買えるサービスもあるのでよかったら参考にしてみてください。
C-HRの新車を最大106万円お得に買える新車流通革命

 

CHRのハイブリッド車をローンで購入する場合、月5万4千円の60回払いとなりました。

 

一方、CHRのハイブリッド車をリースした場合、月4万8千円の5年(60回)契約となります。

 

ローンで購入する場合は他に税金や諸費用がかかりますのでこれにさらにプラスになります。

 

リースは税金や諸費用込ですのでさらに余分かかることはありません。

 

CHRのハイブリッド車をリースすると、ローンの場合は残価設定プランだとほぼ同じくらいの費用になる計算になります。

 

つまりCHRのハイブリッド車をリースは、残価設定ローンを組むのと同じくらいと言えます。

 

また、新車を購入する場合、今乗っている車を下取りに出すと思います。

 

これもディラーに下取りを出す場合と買取店に出す場合とがあると思います。

 

この際もどっちがお得か比較してみたいと思います。

 

車は11年落ちのエルグランドで設定します。
エルグランドをディラーで下取りする場合は、約20万円でした。
下取シュミレーションはスマホでも簡単にできますのでお試しいただけたらと思います。

 

一方で買取店に出す場合、一括査定での最初の回答は20万から60万円です。
ですが、実際に一括査定で実車を見て見積をしてもらうと75万以上になりました。
※これは実話です!

 

車を下取りに出す場合、車の納車まで今の車に乗れます。
その間約1か月くらいになりますよね。
その間の値下がりリスク分も実は低く下取り額は設定されています。
つまり下取り額は最低買取価格で、値引きの中で下取り額を調整するケースがほとんどです。

 

結論として、CHRのハイブリッド車を買う場合はリースを使ってもお得と言え、
今乗っている車を買い替える場合は一括査定で下取りを出すのがお得と言えます。

 

 

C-HRのリース見積はこちらが参考になります。

こちらでは、おすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

 

また、一括査定の買取はこちらが参考になります。
カンタン!無料の一括査定はこちら