ベンツcクラスのリースは、月いくらかかる?

ベンツCクラスをリースすると月々いくらくらいかかるのでしょうか?
Cクラスリース

 

ベンツのCクラスセダンをリースで利用すると
頭金なし、ボーナス払いなしだと5年リースで月額料金約7万円ほどかかります。

 

月額料金を抑える場合は、頭金あり、ボーナス払いありにすれば月額料金約2万円ほどになります。

 

 

メルセデスベンツのリースプランの場合、5年契約の残価設定額は149万円です。
これは、残価設定ローンの設定額253万円と比べると100万円近く割高になります。

 

 

メルセデスベンツCクラスのように車両価格が高額な車はリースプランよりも残価設定ローンの方が割安に購入できます。
下取り車がある場合、下取り車を買取店で売却して頭金にするほうがいいです。
ヤナセでは国産車の下取りは良くありません。
ディーラーの営業マンに確認すればわかりますが、乗っている車を高く売るなら別なところに売ることを勧められます。

 

下取り車を高く売って、メルセデスベンツの残価設定ローンを組むなら買取一括査定を利用するといいでしょう。
予想以上に高く売ることができます。

 

知ってますか?

 

車を買い替える場合、普通下取りに出しますよね。
しかし、ディーラーの下取り額はあなたの車の最高値ではありません。

 

下取り車は値引きに使われます。
だから、その前に買取相場を知っておくことが損しない秘訣です。

 

最近は、ディーラーさんでも最近は買取店を勧めるケースがあります。

 

カンタンに一番高く買い取ってもらうのは、

 

車買取一括査定を利用することです。

 

車買取一括査定を利用すると20万から50万くらい買取額が高くなることがあります。

 

車一括査定ランキング

こちらでおすすめの車一括査定会社をご紹介しています。

 

おすすめ!

50万高く売れたのはここ

 

 

メルセデスベンツリースプラン

メルセデスベンツCクラスのリースには、2つの方式があります。

 

一つ目は、オープンエンドリースです。
これは、契約満了時にあらかじめ設定した残存価格と実際の査定価格との差額を精算するリース方式です。
リース満了時の査定価格が、契約時に設定した残存価格を下回った場合は差額を支払う必要がありますので注意が必要です。
逆に、上回った場合はご返金があります。
そして、リース期間満了後にその車両を引き続きリースする再リース(1年もしくは2年毎)することもできます。
リース期間中の任意保険は、自家用自動車総合保険(SAP以上)に加入することになります。
リース期間満了後に、車両のキズ、事故がある場合は、現状復帰してご返却することになります。

 

リース期間
リース期間は下記の3つより選択が可能です。
3年、4年、5年の3つのリース期間から選ぶことができます。

 

もう一つは、クローズエンドリース(マイレージプラン)
契約時に、4つの走行距離プランから選びプランです。
車種、走行距離プラン、リース期間により残存価格を設定して、残価保証条件を満たした車両であれば、リース満了時に査定価格との差額を精算することなく車をご返却することができます。
また、選択する走行距離プランによっては、契約できないリース期間もありますので注意が必要です。
再リースを選択することもできますが、車種、走行距離プラン、リース期間によっては、再リースができないケースもあるのであらかじめ確認しておく必要があります。
任意保険は、自家用自動車総合保険(SAP)に加入することになります。

 

また、マイナーチェンジ、フルモデルチェンジ等があった場合の旧型モデルにつきましても クローズエンドリース(マイレージプラン)の対象外となります。

 

リース満了時の車両返却について
リース満了後、(財)日本自動車査定協会による査定を行い、残価保証条件を満たさない場合は、減価額相当分を支払う必要があります。
契約した走行距離プランの基準走行距離を超過した場合
内外装のキズ、汚れ等
マスターキー、保証書、整備手帳、取扱説明書を紛失した場合
修復歴がある場合
エンジン、足回り、電装品の不具合がある場合など
いずれも減価額相当を支払う必要がありますので気を付ける必要があります。

 

またベンツCクラスのリース契約の場合残価設定は149万円となっています。
これは残価設定ローンの250万と比べても安い設定価格になっています。

 

ベンツの場合、リース利用はお得なプランと言えないかもしれません。
セダンの場合は、国産車の方がお得なプランでリースすることができます。

 

リース会社を確認してみましょう。

 

カーリース,マイカーリース,おすすめ車リース

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

 

オートリースのメリット

車リース法人
車リースは、基本的に全額経費として処理可能です。  
毎月のリース料は、基本的にすべて必要経費として損金処理ができます。
一時的に多額の資金調達も不要で、余った資金を計画的に運用することができます。
車リースは毎月定額のため、車両コストが明確になり、車両管理業務が大幅に削減できます。
また車リースには、車両の登録費用、税金、保険料を含むことができます。

 

 

車リース個人
発生する費用は、毎月のリース料だけなので手軽です。
残価を設定するので、毎月支払いの負担が軽くなります。  
税金の納付や保険料の支払い等、面倒な手間や時間も不要です。
毎月のリース料に、登録時の諸費用、自賠責保険、税金を含むことが可能です。
支払いは、毎月均等払い、ボーナス併用払い、頭金あり、なしなど予算に合わせて組むことができます。

 

Cクラスのリースは、
月々71412円〜になります。

 

CクラスとCLAの違い

ベンツのCクラスとCLAどちらも価格は大きくは違いません。
クーペスタイルが好きな人は、CクラスよりCLAにデザインの魅力を感じると思います。
実際にCクラスとCLAでは、どう違うのでしょうか。
大きさは、
Cクラスの代表的なグレードC180 アバンギャルドでは、 4690×1810×1435mm、ホイールベース2840mmとなっています。
そして、CLA180 スポーツのサイズは、 4670×1780×1430mm、ホイールベース2700mmとなっています。
このとおり、サイズはほとんど変わりません。
そして、最小回転半径はどちらも5.1mですので、普段使いする場合の使い勝手はほとんど変わりません。

 

しかし、大きな違いがあります。
駆動方式が、CクラスはFRに対して、CLAはFFです。
乗り心地や長距離ドライブを重視する方はCクラスの方がよさそうです。
CLAはAクラスがベースのためホイールベースが短く、またオーバーハングが長いために段差のあるところでバンパーを擦りやすくなってしまいます。
ホイールベースが短い分、乗り心地もそれほどいいとはいえません。

 

また、CLAの後部座席は天井が低いため窮屈です。
後部座席に乗る場合、普通の身長の人でも注意しないと頭をぶつけます。
また、背の高い人が乗ると後頭部がピラーに当たります。

 

車格としてはCクラスが上なので、内装のクオリティはCクラスの方が上になり、価格もCクラスの方が少しばかり高くなります。

 

 

 

ベンツリースのしくみ

メルセデスベンツCクラスをリースした場合、メルセデス・ベンツ・ファイナンスとのリース契約を結びます。
毎月のリース料はメルセデス・ベンツ・ファイナンスへ支払います。

 

Cクラスリースまでの流れ

1希望の車種、リース期間を決めます。
(車種・カラー・オプションなど自由に選べます。)

 

2見積りします

 

3申し込み。
メルセデス・ベンツ オートリース申込書、審査依頼に関する同意書にご記入します。

 

4審査。

 

5リース契約に捺印。

 

6発注販売店にCクラスを発注。

 

7リース車登録ナンバーの取得。

 

8ディーラーより納車。

 

9検収。

 

10リース開始、リース料の支払い開始。
リース料は通常、銀行自動引き落とし。
(毎月1日に前月分のリース料が引き落とされます。)

 

 

 

メルセデスベンツリースまとめ

メルセデスベンツCクラスのリースは3年プランがおすすめです。
5年以上にプランは割高になるので、残価設定ローンを組むほうがお得です。
メルセデスベンツをリースする場合、AクラスやBクラスなら3年リースで月約4万円でメルセデスベンツの新車に乗ることができます。
Cクラスの場合は、月額リース料金は7万円以上になります。
高額な車のリースは月額料金も高くなります。
メルセデスベンツを安く乗りたい場合は、残価設定ローンが一番支払額を少なくすることができます。

 

 

ライバル車のリース価格と比べてみるとよくわかります。

車リース,カーリース,おすすめ車リース

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

 

トップへ戻る