小さい子供がいる時のスライドドアの必要性はある?

車の乗り降りの際注意しなければいけないことはドアの開閉であり、ドアを開けた際に隣にある車や人または走行中の車などに注意して開閉する必要があります。

 

大人ならばたいていの人は注意してドアの開閉を行うため危険性は少なくなりますが、幼稚園や小学校などの小さい子供の場合周囲に注意がいかずにドアを開閉したときに他の車や歩行者などにドアが接触してしまうこともあります。

 

スライドドア
これはドアが外に開くためドアの周囲や前方後方に注意して開けることが必要ですが、小さい子供などは力任せに開けてしまうことがあります。

 

しかしドアが外に開く開閉式などではなく、車体の側面に移動するスライドドアならば子供がドアを開けたときでも接触する危険性はごくわずかとなります。

 

スライドドアには手動式のものと自動式のものがあり、自動式のものは小さな子供だけでなく怪我や病気で筋力や体力が低下した人やお年寄りなどでも簡単にドアの開け閉めができとても便利です。

 

またスライドドアは荷物の積み込みの際にも便利に利用でき、積んでいる最中に体がドアに触れて大きく開くことがないため安全に積み込みなどの作業ができます。

 

しかし小さい子供が誤って走行中にドアを開けてしまわないように、必ず走行中は鍵を掛けて運転しましょう。

 

 

予算がなくてもリースなら車を買い替えることができます。
人気のコスモスマートビーグル評判と口コミ

 

狭い駐車場では必須

狭い駐車場では、ドアをゆっくり開けて隣りの車に当てないようにきをつけて降りなければいけません。
ですが、小さい子供にはそれば無理です。

 

乗り降りするのにどうしてもドアは大きく開ける必要があります。

 

そうすると狭い駐車場では、先に子供を降ろしてから駐車場に停める必要があります。

 

パパが運転、ママと子供が先に降りてという場合はいいかもしれません。

 

ですが、平日ママと子供で買い物に行ったときなど、小さい子供を一人降ろして車を駐車するのは危険が伴います。

 

たまに、親が子供を車で轢くなんて痛ましい事故もあります。

 

子供が小さい時期は狭い駐車場でも、安心して開けられるスライドドアは必須と言えます。

 

トップへ戻る