カーリース利用の流れ

MENU

カーリースを利用する際の流れを説明します。

流れ

まずはカーリースで希望する車種の設定しましょう。

カーリースを利用する場合に最初は利用する会社選びになりますが、大手の自動車メーカーなどもサービスの提供を行っているので、事前に乗りたい車がある程度きまっているのであればその車のメーカーのカーリースサービスをチェックするとよいでしょう。
もちろん、メーカーが提供しているサービスではなく一般的な会社が提供しているサービスであってもさまざまな車種の取り扱いをしていることが多いので、いろいろある車種の中から選ぶこともできるようになっています
車選び
車種によってかかってくる費用は異なるので、自分が希望している車種がおいているかどうかということだけでなく利用においてはどれくらいの費用が必要になってくるのかということもきちんと理解する必要があります。
カーリースは継続的に車を借りて乗るという形になるのが一般的になるので、将来的なことを考えた場合にも乗りやすいということがポイントになってくるため意識しておくようにしましょう。

 

 

また、カーリースは毎月一定の料金を支払うのが普通ですが、すべての支払いが終わった後は必要に応じて買取をすることができるので将来的に自分の車になるかもしれないということを考えることも必要です。
利用する場合は利用における条件をきちんと事前に確認しておく必要があり、特に事故を起こした場合や途中解約をする際の条件などはトラブルになる可能性もあるのでカーリースにおける事前のチェックポイントになります。

 

 

カーリースサービス会社で見積もりしましょう。

カーリースを利用する場合の流れとしては最初に乗りたい車種を選んで、そこから見積もりという流れになることが多いのですが、見積もりについてはインターネットでの対応が可能になっているところもあるので事前に確認しておくとよいでしょう。

見積

カーリースを利用して見積もりを受けた後は提示された金額に納得した場合に契約という流れになりますが、同じ車種でもカーリースのサービスを提供している会社によって見積金額が異なっていることもあります。
少しでもお得な金額で乗りたいというのであれば複数のカーリース会社に見積もりをしてもらってそこから相見積もり形式で安く利用することができるサービスを選定していくという方法が費用面ではおすすめになります。
見積もりをする際のポイントとしてはどこに要点をおくかというところがポイントになりますが、補償内容やサービス内容などはそれぞれの会社で異なっているので事前に確認しておく必要もあります。
カーリースのサービスを提供している会社は増えていますが、大手の自動車メーカーでもサービスの提供をしているので、日頃から取引があるメーカーであれば話もスムーズに進むことが多くなります。
また、一度契約をすると継続的な利用が前提になってくるので長期的な利用になった場合でも大丈夫かどうかということもポイントの一つになります。
トラブルにならないようにするためにも契約の内容についてはきちんとチェックしてからの利用というのも必要になります。

 

そして審査となります。

カーリースを利用する場合は毎月一定の金額を会社側に支払うのが一般的となっており、イメージとしてはマンションやアパートを借りて毎月一定の家賃を支払うような感じで、家賃さえ払っていれば家の管理は大家がしてくれるようにカーリースにおいても会社側がしてくれます。
カーリースは法人向けのサービスとしてのイメージが強いものの、最近は個人向けにも普及しており、車を購入することに比べると手間がかからないことや費用の管理がしやすいなどの理由から人気となっています。
ただし、カーリースはレンタカーと違って借りるのが一時的ではないので長期的に借りるのが基本になってくるので、当然ながら費用もそれなりにかかってくることになり金銭的な負担も大きくなります。
また、継続的に利用することができるかどうかということも貸し出す側は気になる点になるので通常はカーリースの利用においては審査を受けるのが一般的となっており、審査を受けて利用することができると判断された後は利用が可能になります。
カーリースの審査においては基本的に収入を得ることができるかどうかという点で、収入に安定性があることは利用における絶対的な条件になっているので把握しておく必要があります。
また、個人と法人が契約する場合でも審査の条件などは異なってくるので事前に把握しておく必要もありますが、担保となるものがあると審査には有利になるので特にマイホームの所有などは効果的です。

 

カーリース契約後について

カーリースを利用するためにはサービスを提供している会社に申し込みをして審査を受けるという流れになりますが、審査にクリアすることによってようやく車に乗ることができる準備の完了となります。
審査についてはサービスを提供している会社によって時間も異なるので、早めに車が必要となる場合は審査を受ける前にチェックしておく必要がありますが、条件についてはインターネットでそれぞれの会社のホームページをチェックすることでも知ることができます。
カーリースを利用する場合の条件として安定した収入を得ていることだけでなく、ブラックリストの有無なども調べられるので金融破綻をしたことがある人だと利用することが難しい可能性もあります。
審査に通過してカーリースのサービスを利用する流れになると毎月一定の金額を払いながら車の維持をすることになりますが、任意の自動車保険については自分で加入しなければならないところも多いので事前に把握しておく必要があります。
また、当初の契約が満期になった場合は必要な手続きをすることによって買取をすることができる場合もあり、この場合は差額分の支払いをすることによって自分名義にして継続利用することができます。

特にトラブルがない場合は途中解約することも少ないのですが、解約をする場合は違約金の支払いが必要になることもあるので、事前にどれくらいの違約金の発生があるのかということもチェックしておく必要があります。

 

 

カーリース利用の車は後から買い取りはできる?

カーリースを利用する場合は毎月一定の金額の支払いをして車の保有をすることになりますが、いつまでも自動的に契約をするという形ではなく契約をした際に決まっている契約期間が来ると解約という形になります。
ただし、カーリースの多くでは契約が満了した後に買取をすることができるような仕組みになっているので、継続的に乗りたいという場合はこれまで乗って慣れていることもあって買い取りという選択肢も有効策になります。
リース契約が満了した後に継続的に利用したいという場合は事前に利用の条件を確認しておく必要がありますが、多くの会社では契約期間が満了する数か月前に買い取りについての案内が届くことになるのでこれを参考に検討するとよいでしょう。
ただし、リース期間中にしっかりお金を払ってきたとしてもお金をかけることなくもらうことができるわけではなく、一定の金額は支払いする必要があるので費用がどれくらいかかるのかということも調べておく必要があります。
カーリースで買い取りをした後は自分名義になるので、これまでのように会社が管理してくれるわけではなく、税金や車検の手続きなども自分で行う必要がありますが、サポートは継続して受けることができます。
リースにするか買取にするのかという点については判断が難しい部分でもありますが、今後のことを考えた場合にどちらにメリットがあるかということも十分に考えて最終的に決めていくようにしましょう。