車リースのメリット

MENU

車リースのメリットってどんなことがあるの?

車リースのメリット

車リースメリット、メンテナンスを専門会社に任せられる

法人だけでなく最近は個人でも車の保有方法の一つとして車リースが増えていますが、この場合はサービスを提供している会社が名義になることによってサービスを提供するという形になってきます。
また、車リースで車を保有することのメリットの一つになるのがメンテナンス会社に任せることができるという点で、これによって個人的に車の管理をする必要がなくなるので手間も大幅に省くことができます。
メンテナンスについてかかる費用は毎月支払っているリース代の中からカバーされるところもあれば別途でかかってくることもあるので、毎月の費用が安いかどうかということだけでなくこうした付加サービスにどれくらいの費用が必要になるのかということもポイントになります。
また、車リースのサービスを提供している会社のほとんどは自社に修理工場を持っていることや提携している業者がいるのが普通なので、個人的に依頼して修理してもらうことに比べると費用についてはかなり安くなっているのも特徴です。
個人的に車を保有する場合だと時間がないなどの理由からメンテナンスがなかなかできないという状態になることも少なくありませんが、借りる場合だとこのような負担が少ないというメリットがあります。
さまざまな車の保有の形があるのでこの方法だけに固執するのではなくいろいろな視点でチェックして自分の一番理想となる車の保有をすることも車を選ぶ上でのポイントになってきます。

 

 

車リースのメリット、事故後の対応がスムーズ

自動車を運転しているとどれだけベテランのドライバーであっても事故を起こしてしまうリスクはゼロではないので、ハンドルを握る以上はどんな人であっても事故に対する意識は必要で事故をしてしまった後のことも考える必要があります。
車リースでこれから車を保有しようと考えている場合に事故を起こした場合にどうなるのかということも不安要素として持っている人もいるかもしれませんが、基本的に車リースで車を保有している場合はあくまでも借りている車になります。
したがって、事故をした場合は借りている車で事故をしてしまうということになりますが、車の貸し出しをしている会社側についても事故が起こるということも想定して貸し出しをしているので保険にもしっかり入っています。
また、事故を起こした場合はリース会社の方も一緒になって手続きなどをしてもらうことができるので自分が保有している車で事故をする場合に比べるとスムーズに事故後の処理についても進むというメリットがあります。
これが車リースで車を乗ることのメリットの一つとしていわれていますが、金銭的な負担が特にかかってくるという心配なども不要ですが、違反運転をしていて事故を起こしたような場合はこの限りではありません。
また、車リースの契約をする場合は事前にどのような補償内容になっているのかということもきちんと確認した上で契約を進めていくことも大切で、これが失敗しないためのポイントになります。

 

 

車リースのメリット、支払いが安定して生活費の計算がしやすい

自分で車を購入して保有する場合に新車などになってくるとマイカーローンを利用して購入する人も多くなりますが、マイカーローンの場合は毎月一定の金額を支払いながら車の維持をするのが一般的になっています。
毎月マイカーローンだけのお金を払うだけで車の維持をすることができればよいのですが、途中でオイル交換をする必要があることや税金の支払い、そして車検費用など車を保持する場合はさまざまな費用がかかってくることになります。
したがって、急に車で必要になるお金が発生するようなことも可能性としては考えられるわけですが、これが車リースになってくると毎月一定の金額を支払うことになり、そこに維持費用も含まれています。
そのため、生活費としてリース代を入れることによって別途でかかってくる車に関する費用が少ないことから生活費の計算がしやすいというメリットがあり、これが法人などで車リースが多く取り入れられている理由にもなっています。
支払いに対しての安定性があるということで収支のバランスを取りやすいという点でのメリットもありますが、毎月のリース代がどれくらいになっているのかという点については会社によって異なるので事前にチェックしておくようにしましょう。
また、車リースを提供している会社も増えているのでサービスから比較して選んでいくというのもポイントの一つになってくるので車の乗る目的や使用頻度なども総合的に考えて選んでいくようにしましょう。

 

 

車リースメリット、自動車税の管理などが不要

車を保有する場合はさまざまな維持費用が必要になりますが、その中でも特に負担が大きいといわれているのが自動車税と呼ばれる税金で、これは毎年4月1日に車の名義人に対して請求される税金のことで自動車税の支払いをきちんとしないと車に乗ることはできません。
軽自動車であれば1万円以下の税金の支払いで済みますが、これが普通自動車になってくると数万円という単位の費用が必要になってくるので毎年の負担で考えていくと無視することができない負担になります。
また、2年に一回必要になってくる車検についても自動車重量税の支払いをするのが一般的になっており、これについてもきちんと支払わないと車に乗ることはできないので滞納しないように気を付ける必要もあります。
車リースであれば名義人がリース会社になるので、個人に対して請求されることがなく毎月のリース代の中からカバーしてもらうことができるため管理がしやすいというメリットがあり、払い忘れてしまって車に残ることができなくなるというリスクも低くなります。
車リースのメリットの部分と言われているところですが、それだけ毎月の金銭的な負担は大きくなってしまうということにもなるので、それを考えると費用対効果についても事前に考えて車の乗り方も考える必要があります。
車リースのサービスを提供している会社によって用意されているオプションのサービスなども異なっているので、どのようなオプションが付帯されているのかについても調べておきましょう。

 

車リースのメリット、車検費用が不要

車を保有する場合は2年に1回ほど車検を受ける義務がありますが、車検については車の健康診断のようなもので、車に不具合があるかどうかということを調べて修理する必要がある場所が見つかった場合はそのまま修理になります。
車を保有する場合にかかってくるコストの中でも特に高いのが車検になりますが、これを受けないことには車に乗ることができないので、きちんと車検を受けて車に乗るということは前提になってきます。
車リースで車を借りて維持する場合は車検費用が不要という特徴もありますが、車検費用が不要になっているのは毎月のリース代でカバーされていることや名義人がそもそも会社側であることが理由になっています。
ちなみに車リースのサービスを提供している会社というのは整備工場なども持っていることが多いので、個人が整備工場に出して修理をしてもらうことに比べるとコストがかからないため、これによっても費用を低減することができます。

車リースの車検費用やその他の費用などについてはサービスを提供している会社によっても異なっているので事前にきちんと把握しておく必要もあり、トラブルにならないように注意をすることも条件としては必要になってきます。
また、車を購入する方がいいのかということとリースの方がいいのかということについては車に乗る頻度などによっても変わってくるので、自分にあった車の保有を考えるということも大切で状況などに応じて考えていくようにしましょう。

 

車リースのメリット、経費として確定申告ができる

最近は個人向けの車リースも増えており、車を購入することに費用の高さを感じる人や管理についての負担を減らすことを目的にしていることが多くありますが、それでも車リースの利用においては法人の利用が特に多くなっています。
法人が車リースにして車を保有する理由にはいろいろありますが、その理由の一つになるのがかかってくる費用を経費にすることができることで、経費にすることによって確定申告の時に支払う税金を減らすことができます。
車を購入した場合も維持費用にすることはできるのですが、この場合だと減価方式で計算されることもあってすべてを経費にすることが難しく、トータル的な面で見ると車リースにする方が節税対策にもなります。
ちなみに個人事業者や自営業者のように個人的に事業を展開している人であっても車リースにすることによって経費として計上することができるのでかなり大きな節税対策になることが期待されるのでトータル的に見た場合にもメリット要素が大きくなります。
車を購入して維持するのと車リースを利用する場合ではそれぞれにメリットやデメリットがあるので、それぞれの良さをきちんと把握しておく必要があり状況に応じて選んでいくことも必要になります。
車の保有についてはさまざまな形があることから一つの方法だけではなくいろいろある方法の中から自分のカーライフにあった形で車の維持をするということも重要なポイントになってきます。