プリウスはリースとローンで購入するのはどっちがお得?

プリウスはリースと購入とどっちがお得なんでしょうか?
プリウス

 

ココでは、プリウスはリースするのとローンで購入するのとどっちがお得か検証しています。
新型になり、性能もアップしましたね。

 

人気のプリウス。
新車販売でもリースでも一番人気になっています。
プリウスは4代目になり、走行性能が向上し、JC08モード燃費は40.8km/Lを達成しました。
世界初の量産ハイブリッドカーで、1997年発売以来人気になっています。
4代目プリウスは、ニッケル水素バッテリーに加えて、より高効率なリチウムイオンバッテリー搭載グレードも設定されています。
また、トヨタの新しいプラットフォームコンセプト「TNGA」を初採用し、自動車としての運動性能、快適性能も向上させています。
また、プリウス初の、リアを電気モーターで駆動でする4WDもラインアップされました。
ミリ波レーダーとカメラを併用した衝突回避・被害軽減機能や、車線逸脱防止などの装備を設定し、安全性能も向上させています。

 

 

人気のプリウスが新車で欲しい方、まとまった頭金がなくてもプリウスが欲しいに参考していただけたらと思います。
最近人気の個人向けカーリースは、手元にお金がなくても新車のプリウスに乗ることができます。

 

カーリース,マイカーリース,おすすめ車リース

 

こちらでおすすめの車リース会社をご紹介しています。

 

 

知ってますか?

 

車を買い替える場合、普通下取りに出しますよね。
しかし、ディーラーの下取り額はあなたの車の最高値ではありません。

 

下取り車は値引きに使われます。
だから、その前に買取相場を知っておくことが損しない秘訣です。

 

最近は、ディーラーさんでも最近は買取店を勧めるケースがあります。

 

カンタンに一番高く買い取ってもらうのは、

 

車買取一括査定を利用することです。

 

車買取一括査定を利用すると20万から50万くらい買取額が高くなることがあります。

 

車一括査定ランキング

こちらでおすすめの車一括査定会社をご紹介しています。

 

おすすめ!

50万高く売れたのはここ

 

 

 

プリウスをリースすると

プリウスをリースすると月額料金5万円です。
ローンで購入しても、リースしても金額的には差はほとんどありません。
ですが、車検費用や税金などリースの場合かかりませんのでこの分がお得になるといえますね。

 

プリウスの人気グレードの車体価格を確認してみましょう。
一番お手頃価格のプリウスEは、排気量1800ccで2WD燃費は40.8q価格は242万円になります。
プリウスEは最低限の装備で車体重量を軽くすることで燃費は一番良くなっています。

 

プリウスSは、排気量1800ccで2WD燃費は37.2q価格は247万円です。
Sグレードでは、シート素材が上級ファブリックになり、フロントコンソールトレイや運転席6ウェイ&助手席4ウェイの前後スライド・リクライニングが装備されます。
また、フロントガラスもUVカット&撥水機能付きになり魅力があります。

 

EとSどちらがおすすめと言えばSのツーリングセレクションです。
排気量は1800ccで燃費は37.2q価格は262万円になります。

 

Sの4WDになると、燃費34qで価格が267万円。

 

そして最上級グレードのプリウスA。
プリウスAは、排気量1800ccで燃費は37.2q価格は277万円です。
Aグレードにはトヨタの先進安全機能「トヨタセーフティセンス」とカラーヘッドアップディスプレイが標準装備されます。
フロントドアはスーパーUVカット機能と撥水加工と遮音性ガラスがつくことで、車内の静粛性も快適です。

 

そして、一番おすすめなのが、 Aツーリングセレクションで排気量1800ccで燃費は37.2q価格は293万円になります。
グレードによっても50万円くらいの価格差があります。

 

そんなプリウスをリースしたいと思ったとき、トヨタ以外でもサービスがいいリース会社があります。
こちらでおすすめなリース会社をご紹介しています。

 

 

プリウスの魅力

プリウスの魅力

  1. ハイブリッドカーナンバーワンの燃費性能
  2. 現行型では大きく進化したハンドリング
  3. 縦型ナビはインテリアも未来感も非常にいい

次世代化型プラットフォームの採用で走る・曲がる・止まるの性能が良くなりました。
低燃費だけでなくストレスのない走りもできるようになりました。
Aグレード以上に付けられる縦型ナビはカッコいい。

 

 

プリウスの価格

プリウスの新車価格は243万円からとなっています。
諸費用入れると約260万になります。

 

プリウス全グレード
1.8 E 価格242.9万円 燃費40.8km
1.8 S価格247.9万円 燃費37.2km
1.8 S ツーリングセレクション 価格262.8万円 燃費37.2km
1.8 S E-Four 4WD価格267.4万円 燃費34.0km
1.8 A価格277.8万円 燃費37.2km
1.8 S ツーリングセレクション E-Four 価格282.3万円 燃費34.0km
1.8 A ツーリングセレクション価格292.7万円 燃費37.2km
1.8 A E-Four 4WD価格297.2万円 燃費34.0km
1.8 A プレミアム 価格310.8万円 燃費37.2km
1.8 A ツーリングセレクション E-Four 価格312.1万円 燃費34.0km
1.8 A プレミアム ツーリングセレクション 価格320.0万円 燃費37.2km
1.8 A プレミアム E-Four 4WD 価格330.2万円 燃費34.0km
1.8 A プレミアム ツーリングセレクション E-Four 4WD 価格339.4万円 燃費34.0km

 

プリウスの中古車は平均価格で220万円となっています。
新車でも250万円ですから中古でも価格差はあまりないですね。

 

 

プリウスのリース料金

プリウス価格比較

グレードは、1.8 S ツーリングセレクションでETCナビ付、メンテナンスコミコミのゴールドプランです。

 

コスモスマートビーグルでは、月額料金55,404円の60回(税込)となります。

 

オリックスリースプランでは、月額料金58,320円の60回(税込)となります。

 

プリウスのリースは価格やサービス面でもコスモスマートビーグルはおすすめと言えそうです。

 

プリウスをリースすると月額当りの料金はだいたい5万円ちょっとになりますね。
ただしリース会社によって金利計算が若干違いますのでリース会社を比較してみるといいでしょう。

 

おすすめカーリース会社ランキングを見る

 

 

プリウスをリース法人と個人

プリウスをリースしているのは法人と個人どちらが多いかと言えば圧倒的に法人の方が多くなります。
法人と言っても自家用で使用する場合が多く、自営業者のニーズが高いと言えます。
法人契約の場合、トヨタレンタカーでの契約が多くなっているようです。
ただ最近はメンテナンス費用も込のコスモスマートビーグルやオリックスカーリースにようなリース専門会社が売り上げを伸ばしています。

 

プリウスをリースを格安でできる中古車リース

プリウスをリースする場合、格安でできる方法としてプリウス中古リースがあります。

 

プリウス中古車でリースできるのはオリックスカーリースがおすすめです。

 

オリックスカーリースでは豊富な品ぞろえの中から中古車リースを選ぶこともできますのでお得な車が見つかる可能性が高くなります。
ただし中古車が対象なのでお気に入りのカラーやグレードが必ずしもあるとは限りません。
もしプリウスを月額料金を格安でリースしたい場合は、カルモ賃貸を選ぶと月額料金は3万円台からプリウスをリースすることができます。

 

 

プリウスを安く買う方法

プリウスは人気があり新車販売の値引きも少ないことで有名です。
値引きは5万円も出ればいい方だとも言われますね。

 

しかし、そんなプリウスの値引きが105万円もできるって聞いたらどう思いますか?

 

信じられないですよね。

 

誰でもそう思うのは当然です。

 

 

ですが、プリウスが最大で105万円の値引きで買えると噂の新車販売店があります。

 

それがこちら
新車流通革命はこちら
新車の流通革命です。

 

6899

 

でもそれって怪しくないですかと心配な人もいると思います。

 

ではこの新車流通革命という会社の値引きのからくりやサービスの特徴について説明します。

 

まず、新車流通革命は会社としてプリウスを一括購入することで値引き額を獲得しています。

 

でもそれだからと言って値引きが105万円もできるわけがありません。

 

新車流通革命は、低金利のローンが組める会社です。

 

120回ローンで金利が1.7%と銀行のマイカーローンよりも安くローンが組めます。

 

ディーラーローンの金利が6.8%とするとその金利差は51万円になります。

 

この金利差と一括購入の値引きで最大105万円の値引きになると謳っているんですね。

 

つまり、新車流通革命は低金利ローンの会社とも言えますね。

 

だから、新車流通革命で扱っている車はどれも人気車だけです。

 

人気車に絞ってまとめて購入。

 

それを低金利で販売しているという会社です。

 

新車流通革命で現在販売している車種は
プリウスの他にボクシー、ヴェルファイア、C-HRです。
トヨタと提携して値引きを取っているようですね。

 

トヨタとしても販売台数が一気に伸びるので値引き額を出しているようです。

 

新車流通革命はこちら

 

またプリウスをリースする場合、リスク回避のため車両保険が必須と言えます。
全損事故を起こして負債と抱えないように自動車保険には入りたいものです。
最近の自動車保険はかなり安くなっていますので、比較して検討することをおすすめします。

 

 

車をリースするときの自動車保険は必須といえます。

自動車保険

その理由とは
カーリースの自動車保険は車両保険が必須!

 

 

プリウスリースまとめ

プリウスの新車に乗りたい人にとって、マイカーリースは手元にお金がなくてもプリウスの新車に乗れるサービスです。
しかも、メンテナンス費用や税金、車検代も考えなくてもいいので安心です。

 

プリウスのリースは、賃貸でマンションを借りるように気軽に利用できる安心でお得なプランと言えます。

 

 

 

 

 

車種別比較、ローン購入とリースはどっちがお得

プリウス アクア シエンタ

プリウス

プリウスの月額リース料金

アクア

アクアの月額リース料金

シエンタ

シエンタの月額リース料金

ハリアー ハスラー ヴェセル

ハリアー

ハリアーの月額リース料金

ハスラー

ハスラーの月額リース料金

ヴィセル

ヴェセルの月額リース料金

ルーミー ヴォクシー ダイハツタント

ルーミー

ルーミーの月額リース料金

ヴォクシー

ヴォクシーの月額リース料金

ダイハツタント

ダイハツタントの月額リース料金

ミライース C-HR メルセデスベンツCクラス

ミライース

ミライースの月額リース料金

CHR

C-HRの月額リース料金

C

メルセデスベンツCクラスの月額リース料金

 

 

 

 

トップへ戻る